ニュース&レポート

「石垣島ラー油」を生み出したペンギン夫婦の物語が小池栄子主演で映画化!石垣島ロケが終了

ペンギン夫婦の作りかた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
“食べるラー油”の元祖、石垣島ラー油を作った“辺銀夫婦”の物語が、小池栄子主演で映画化。石垣島オールロケで撮影された映画『ペンギン夫婦の作りかた(仮題)』がクランクアップを迎え、主演の小池栄子と、共演のワン・チュアンイーからコメントが届いた。
「石垣島ラー油」を生み出したペンギン夫婦の物語が小池栄子主演で映画化!石垣島ロケが終了

“食べるラー油”ブームの火付け役「石垣島ラー油」を生み出した、辺銀(ペンギン)夫婦のエピソードを映画化した本作。モデルとなった辺銀愛理さんが綴った「ペンギン夫婦がつくった石垣島ラー油のはなし」(マガジンハウス刊)を原案に、中国人の夫の帰化申請に奔走する姿や、石垣島ラー油誕生のヒミツ、夫婦の絆を笑いあり涙ありで描いていく。主演は、『八日目の蝉』で2011年第85回キネマ旬報 助演女優賞を受賞した小池栄子。

クランクアップを迎えた小池は、自身の役柄について「(辺銀:ペンギン)愛理さんのパワフルさに驚きました。夫婦の絆、世界のどこへ行っても生きていける愛の強さを感じました」。また、石垣島の撮影を振り返り、「とても暖かく、きれいな景色も多く、すてきな場所でした。地元の皆さんにも協力してもらい、感謝しています」とコメント。中国人の夫・暁江を演じた台湾人俳優ワン・チュアンイーも、「奥さんのことを大切にしているのが伝わってくるすてきな作品です。はじめて石垣島に来ましたが、今の時期の台湾は寒いので、温かさに驚きました。また、食事も美味しくて、独特な文化やゆったりとした雰囲気はとても心地良かったです。もっと沖縄のことを知りたくなりました」と、2人とも石垣島に魅了された様子だ。

映画『ペンギン夫婦の作りかた(仮題)』は、2012年 秋に ユナイテッド・シネマほか 全国公開を予定している。
2012年3月9日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ペンギン夫婦の作りかた』
2012年10月20日(土)ユナイテッド・シネマほか 全国公開
公式サイト:http://www.penguinfufu.jp