ニュース&レポート

銀杏BOYZ・峯田和伸が映画予告ナレーションに初挑戦︕リリー・フランキー&清野菜名『パーフェクト・レボリューション』

パーフェクト・レボリューション

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
リリー・フランキーと清野菜名が共演、実話を基にした映画『パーフェクト・レボリューション』の予告編が解禁。予告ナレーションを峯田和伸(銀杏BOYZ)が担当していることがわかった。
銀杏BOYZ・峯田和伸が映画予告ナレーションに初挑戦︕リリー・フランキー&清野菜名『パーフェクト・レボリューション』

「⾝体障害者だって恋をするし、セックスもしたい︕ 障害者はただの⼈間なんです︕」。重度の⾝体障害を持ち、⾞椅子⽣活を送りながら、障害者の性に対する理解を訴えるために活動するクマ。彼が恋に落ちたピンクの髪の美少⼥ミツは、⼈格障害を抱えた風俗嬢だった──。

予告編では、講演会でクマ(リリー・フランキー)と運命の出会いを果たしたミツ(清野菜名)が彼に⼤胆告⽩。最初はミツを相⼿にしなかったクマだが、それでも諦めないミツからの猛アプローチにより、徐々に想いを通じ合わせていく様子が描かれる。映像後半では、銀杏BOYZによる劇中歌「BABY BABY」とともに、ボーカルの峯田和伸のナレーションが挿入される。「ちいさな星のちいさなふたりが⼤っきいLOVEを抱きしめる」というコメントも印象に残る、最強の予告編に仕上がった。

峯⽥がナレーションを担当するに至った経緯は、リリー・フランキーが「クマとミツの関係性にピッタリの曲だから「BABY BABY」を使わせてほしい」と直々に峯⽥氏にオファーしたことで実現。峯⽥も『パーフェクト・レボリューション』のクマとミツの“最強のふたり”に惚れ込み、リリーからのオファーを快諾。さらには峯⽥氏の本作への熱い想いが伝わる、コメント付きナレーションも作成され、前代未聞のコラボレーションとなった。

本作の企画・原案は、講演やイベントなどさまざまな活動を通じて、⾃⾝も脳性⿇痺を抱えつつ障害者の性への理解を訴えつづける活動家・熊篠慶彦。熊篠の⻑年の友⼈であるリリーは、彼の活動と⽣きざまが映画になると聞き、役柄を問わず協⼒したいといって本作への参加を決断している。

2017年7月7日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『パーフェクト・レボリューション』
2017年9月29日(金)TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開
公式サイト:http://perfect-revolution.jp