ニュース&レポート

アカデミー賞6部門ノミネート!ダニエル・デイ=ルイス主演『 ファントム・スレッド 』予告編が解禁

ファントム・スレッド

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ポール・トーマス・アンダーソン監督、ダニエル・デイ=ルイス主演、第90回アカデミー賞にて作品賞、監督賞、主演男優賞ほか6部門にノミネートされた映画『ファントム・スレッド』の公開が、5月26日(土)に決定し、ティザービジュアルと予告編が解禁された。
アカデミー賞6部門ノミネート!ダニエル・デイ=ルイス主演『 ファントム・スレッド 』予告編が解禁
舞台は1950 年代のロンドン。英国ファッションの中心的存在として社交界から脚光を浴びる、オートクチュールの仕立て屋 レイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)。ある日、レイノルズは若きウェイトレス アルマ(ヴィッキー・クリープス)と出会う。互いに惹かれ合い、レイノルズはアルマをミューズとして迎え入れ、魅惑的な美の世界に誘い込む。しかしアルマの出現により、完璧で規律的だったレイノルズの日常に変化が訪れ…。やがてふたりがたどり着く、究極の愛のかたちとは―。

『マグノリア』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソン監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスと二度目のタッグを組んだ『ファントム・スレッド』は、ファッション業界を舞台に男女の愛の軌跡を綴り、第90 回アカデミー賞の作品賞・監督賞・主演男優賞・助演女優賞・衣装デザイン賞・作曲賞の6部門にノミネートを果した。

今回解禁されたビジュアルは、ダニエル・デイ=ルイスが演じる仕立て屋の主人公の後ろ姿と、ドレス身を包んだ表情の読めない女性が大胆に描かれている。美しさに目を引く華やかなドレスは、レイノルズが仕立てるオートクチュール。顔を見せないことで、二人の関係性が謎に秘められつつも、艶やかな雰囲気に惹き込まれる印象的なビジュアルだ。そこには「男は完璧な身体を求め、女は究極の愛を与えた」というキャッチコピーが書かれ、ポール・トーマス・アンダーソン監督が新境地として挑んだ、今までに誰も観たことのないラブストーリーの予感をさせる。

そして予告編は、ジョニー・グリーンウッドが手掛けた美しき旋律にのせて、豪華絢爛なドレスと1950年代のロンドンの華やかなファッション業界が映し出される。注目すべきは、今作で引退を表明しているダニエル・デイ=ルイスの圧倒的な存在感。主演男優ノミネートも頷ける、天才的な仕立て屋を全身で演じた。そしてラストの「秘密を」という台詞は、観る者の好奇心を強くかきたてることだろう。

2018年1月31日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ファントム・スレッド』
2018年5月、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほか 全国ロードショー