ニュース&レポート

ジュデイ・デンチ主演の感動作『あなたを抱きしめる日まで』日本版予告編が解禁

あなたを抱きしめる日まで

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『クィーン』のスティーヴン・フリアーズ監督が、ジュディ・デンチを主演に迎え、“50年間息子を探し続けた母”の実話を基に描く感動作『あなたを抱きしめる日まで』。本年度ヴェネチア国際映画祭脚本賞、トロント国際映画祭観客賞次点を受賞した本作の予告編が到着した。
ジュデイ・デンチ主演の感動作『あなたを抱きしめる日まで』日本版予告編が解禁

その日、フィロミナは、50年間かくし続けてきた秘密を娘のジェーンに打ち明けた。1952年、アイルランド。10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは家を追い出され、修道院に入れられる。フィロミナは男の子を出産、アンソニーと名付けるが、面会は1日1時間しか許されない。そして3歳になったとき、アンソニーは養子に出されてしまう。以来わが子のことを一瞬たりとも忘れたことのない母の想いを受け止めたジェーンは、BBCをクビになった元ジャーナリストのマーティンに話を持ちかける。愛する息子にひと目会いたいフィロミナと、その記事に再起をかけたマーティン、全く別の世界に住む二人の旅が始まる──。

『クィーン』のスティーヴン・フリアーズ監督が、英国で出版された、実在するアイルランド人の主婦フィロミナの物語を映画化。50年前に生き別れた息子を探すためアメリカへと渡った女性と元エリート記者の旅路を描く本作は、ヴェネチア国際映画祭脚本賞、トロント国際映画祭観客賞次点を受賞するなど、各国の映画祭で熱い喝采を浴びた。また、アメリカでは4劇場限定で上映スタートし興収$13,716の好スタート。翌週には835館までの拡大上映が発表され、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』や『007』のM役として知られる名女優ジュディ・デンチの演技にオスカー最有力の声があがっている。

予告編では、主人公の主婦フィロミナ(ジュディ・デンチ)が、元エリート記者のマーティン(スティーヴ・クーガン)へ息子の捜索を依頼。アメリカで養子になったと聞いた二人はアメリカへと出発する。手がかりを探す中で繰り広げられる二人の小気味良い会話劇や、次第に育まれる友情、そして母の深く切ない愛などが描かれ、各映画祭の脚本賞や観客賞を賑わせた本編への期待が高まる内容となっている。

2013年12月6日
『あなたを抱きしめる日まで』
2014年3月15日(土)全国公開
公式サイト:http://www.mother-son.jp