ニュース&レポート

田口トモロヲ監督『ピース オブ ケイク』に銀杏BOYZ・峯田和伸が参戦!劇中音楽は大友良英

ピース オブ ケイク

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
ジョージ朝倉原作の大人気コミックを、田口トモロヲ監督、多部未華子・綾野剛共演で映画化した『ピース オブ ケイク』に、銀杏BOYZの峯田和伸の参戦が決定。また、劇中音楽を大友良英が担当する事も発表された。
田口トモロヲ監督『ピース オブ ケイク』に銀杏BOYZ・峯田和伸が参戦!劇中音楽は大友良英

本作は、2003年から2008年に、「FEEL YOUNG」(祥伝社)にて連載され、単行本が累計発行部数43万部(全5巻)を誇る、ジョージ朝倉による大人気コミックを映画化したドラマ。監督は、俳優として数々の映画やドラマに出演し、『アイデン&ティティ』で映画監督デビュー後、第2作『色即ぜねれいしょん』で新藤兼人賞銀賞を受賞した田口トモロヲ。

5年ぶりの監督作となる田口トモロヲのもとには、主演・多部未華子、恋人役・綾野剛をはじめ、松坂桃李、木村文乃、光宗薫、菅田将暉、柄本佑ら大人気俳優陣が集結。さらには、中村倫也、安藤玉恵、森岡龍ら実力派俳優陣、宮藤官九郎、監督・廣木隆一が俳優として友情出演する事が発表されている。

そしてこの度明らかになったのが、多部演じる主人公・志乃と、松坂演じる“おかまの天ちゃん”が所属する劇団「めばち娘(こ)」の座長であり、密かに志乃に想いを寄せる千葉役に、銀杏BOYZの峯田和伸。『アイデン&ティティ』『色即ぜねれいしょん』に続き、全ての田口トモロヲ監督作品に出演する峯田は、「心から尊敬する田口トモロヲ監督と、大好きな漫画「ピース オブ ケイク」。共通するのは、静かに、青く燃え続けている美しさです。そのような火になら焦がされてしまいたいと、身をあずけました。光栄です」とコメント。本作ではオリジナルの劇中歌も手掛ている事がわかった。

さらに、劇中音楽を、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の音楽を手掛けた作曲家の大友良英が担当。同じく、田口トモロヲ監督の過去2作品に続いての劇中音楽担当となる。また、千葉が主催する劇団の劇中劇を、今注目の個性派劇団の劇団鹿殺しが担当。本編の完成は来年を予定している。
2014年11月11日
『ピース オブ ケイク』
2015年9月5日(土)新宿バルト9ほか、全国ロードショー
公式サイト:http://pieceofcake-movie.jp/