ニュース&レポート

80年代ゲームキャラが大暴れ!映画『ピクセル』本ポスター&特別映像が到着

ピクセル

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
パックマン、ドンキーコング、ギャラガ、スペースインベーダーなど、1980年代のゲームキャラクターの地球侵略を描いた映画『ピクセル』の日本版ポスターが完成、ゲームキャラとのバトルシーンにインタビューを加えた特別映像とともに解禁された。
80年代ゲームキャラが大暴れ!映画『ピクセル』本ポスター&特別映像が到着
日本版のポスターは、「ゲーム・クリアか、全滅か。」のキャッチコピーに、巨大なパックマンがビルを破壊しながら突進。その暴走に立ち向かうオタクたちのシルエットが重なる。ビルにはドンキーコング、空中にはスペースインベーダーが飛び交うインパクト抜群なビジュアルだ。

特別映像では、82年のゲームチャンピオン・エディー役のピーター・ディンクレイジが「80年代のゲームキャラクターたちと競演できるなんて最高だよ」と歓びのコメント。不人気な大統領ウィル・クーパー役のケヴィン・ジェームズは「子どもの頃よく遊んだ」、大統領と共に戦いに参加することになったラドロー役のジョシュ・ギャッドも「当時パックマンは斬新で病みつきになったよ」と語り本作への参加は特別なものだったと振り返る。

また、プロダクション・デザイナーのピーター・ウェンハムは、各ゲームのルールに従ってゲームを忠実に再現したことを振り返り、監督のクリス・コロンバスも、「キャラが実在した場合の動きや見た目を考えた」と解説。小道具担当のティモシー・ワイルズは、本作のマスコットとなるQバートについて「撮影現場で大人気で、皆が抱きつきたがった」と撮影の裏話も披露している。

スタッフ・キャストのコメントとともに、映像ではドンキーコングが大暴れする様子や、タージ・マハルを破壊するアルカノイドの映像、夜空を縦横無尽に動き回るセンチピードとの壮絶なバトル、ニューヨークの路上をドリフトしながら走りまわるパックマン、ワシントン上空で攻撃を開始するギャラガなど、出し惜しみなしの驚愕シーンオンパレードとなっており、本編に期待せずにはいられない映像となっている。

2015年7月1日
『ピクセル』
2015年9月12日(土)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー