ニュース&レポート

ブラッドリー・クーパーが新作『世界にひとつのプレイブック』を引っさげ来日決定!

世界にひとつのプレイブック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
第70回ゴールデン・グローブ賞にて作品賞・主演男優賞・主演女優賞・脚本賞にノミネートされている『世界にひとつのプレイブック』。本作の主演ブラッドリー・クーパーが、1月下旬に来日することが決定した。
ブラッドリー・クーパーが新作『世界にひとつのプレイブック』を引っさげ来日決定!

映画『世界にひとつのプレイブック』は、トロント映画祭観客賞受賞を皮切りに、主だった映画賞を多数受賞してきた話題作。物語は、妻の浮気が原因で心のバランスを崩した男と、事故で夫を亡くした女性が、ダンスコンテストへの出場を決意し、人生の希望の光を取り戻していく姿を描く。一見シリアスな物語のはずが笑顔&爆笑を盛り込み、常識を爽快に裏切る型破りな一本。

監督・脚本は、『ファイター』のデヴィット・O・ラッセル。主演は、『ハングオーバー』シリーズで人気を博し米Peple誌の「世界一セクシーな男」に輝いたブラッドリー・クーパーと、『ウィンターズ・ボーン』主演で弱冠20歳でアカデミー賞にノミネートされ、『ハンガー・ゲーム』が全世界大ヒットと絶好調のキャリアを築くジェニファー・ローレンス。さらに名優ロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーヴァー、クリス・タッカーが脇を固める。

ブラッドリー・クーパーは本作で、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、サテライト賞、インディアナ映画批評家協会賞の主演男優賞を受賞。先日発表された第70回ゴールデン・グローブ賞でも主演男優賞にノミネートされており、受賞の期待も高まっている。

ブラッドリーの来日は、2010年の『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』以来、約2年5ヶ月ぶり2度目。1月下旬には都内で行われるイベントに出席する予定だ。
2012年12月20日
『世界にひとつのプレイブック』
2013年2月22日(金)よりTOHOシネマズシャンテ、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、新宿武蔵野館ほか全国公開
公式サイト:http://playbook.gaga.ne.jp/