ニュース&レポート

英雄かペテン師か─ 薬物疑惑ランス・アームストロング描く『疑惑のチャンピオン』7月公開

疑惑のチャンピオン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
世界最高峰の自転車レース ツール・ド・フランスで7冠に輝き、ドーピング・スキャンダルでスポーツ界を震撼させたランス・アームストロングの半生を、名匠スティーヴン・フリアーズ監督が描いた映画『The Program』(原題)の邦題が『疑惑のチャンピオン』となり、7月2日(土)に公開が決定した。
英雄かペテン師か─ 薬物疑惑ランス・アームストロングの半生描く『疑惑のチャンピオン』7月公開

映画『疑惑のチャンピオン』は、社会問題にまで発展した自転車ロードレース選手ランス・アームストロングのドーピング・スキャンダルを扱い、スポーツ界を震撼させた疑惑の真相を浮き彫りにした問題作。選手として最盛期の20代にガンを発症し、脳までも冒されながら見事に復活、世界最大の自転車レース<ツール・ド・フランス>で7度の栄冠に輝いたアームストロングは、競技の外ではガン患者に献身的なサポートを惜しまないチャンピオンだった。しかし、その裏ではスピードのために手段を選ばない、常人には計り知れない勝利への執着があった…。

サンデー・タイムズ紙記者であり「スポーツライター・オブ・ザ・イヤー」4度受賞を誇る、デイヴィッド・ウォルシュのノンフィクションを基に“疑惑のチャンピオン”の栄光と転落の軌跡を描く。スポーツ界の闇を暴くにとどまらず、勝利に執着するあまり、倫理を踏み外していった男の実像を多面的に描き、観る者の胸にずしりと響く作品が誕生した。

監督は、『クィーン』でアカデミー監督賞にノミネートされたスティーヴン・フリアーズ。スポーツ業界におけるドーピング問題が頻繁に起きている昨今だが、実際にツール・ド・フランスを観戦した監督は「私はサイクリストの背後にあるあくなき勝利への執念を見た。彼らの後ろにいるのは全員、ツールの組織の人間だ。全体が巨大な“サーカス”であることを理解したよ」と語っている。

主演を務めたのは、「アームストロングの適役をキャスティング出来なければ、映画を作る意味がない」とまで語っていたフリアーズ監督に「彼こそ適役だ」と言わしめたベン・フォスター。肉体改造のため厳しい自転車トレーニングを行い、ランス・アームストロングを見事に演じきった。ほかに、クリス・オダウド、ギヨーム・カネ、ダスティン・ホフマンらが脇を固める。

『疑惑のチャンピオン』
監督:スティーヴン・フリアーズ『あなたを抱きしめる日まで』『クィーン』
脚本:ジョン・ホッジ『トレインスポッティング』
原案:「Seven Deadly Sins: My Pursuit of Lance Armstrong」デイヴィッド・ウォルシュ著
出演:ベン・フォスター、クリス・オダウド、ギヨーム・カネ、ダスティン・ホフマン
配給:ロングライド
movie-champion.com


7/2(土) 丸の内ピカデリー&新宿ピカデリーほか全国公開!
2016年3月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『疑惑のチャンピオン』
2016年7月2日(土)丸の内ピカデリー&新宿ピカデリーほか全国公開
公式サイト:http://movie-champion.com