ニュース&レポート

デヴィッド&ジャッキー・シーゲル夫妻の宮殿、完成間近!?大富豪の妻が語る近況

クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
全米で大ヒットを記録した型破りなリアルドキュメント『クィーン・オブ・ベルサイユ』が、8月16日より日本公開され、立ち見客が出るなど、満員御礼の大ヒットスタート切った。これを受けて、映画の主役ジャッキー・シーゲルから喜びのナマ声と近況が届いた。
デヴィッド&ジャッキー・シーゲル夫妻の宮殿、完成間近!?大富豪の妻が語る近況

タイムシェアリゾートビジネスで、巨万の富を得る大富豪となったデヴィッド・シーゲルと元ミセス・フロリダの妻ジャッキー。アメリカ最大の邸宅を作るという新たな夢を抱き、総工費100億円をかけてベルサイユ宮殿を模した邸宅の建築を着々と進めたが、突如起こったリーマンショックで夫妻は大ピンチに…。その様を記録した映画『クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落』は、サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門監督賞受賞し、全米で大ヒット。話題が話題を呼んで、日本でも大ヒット上映中だ。

注目の的になっているのは、やはり主役のクィーン、ジャッキー・シーゲルだ。日本での大ヒットについてジャッキーは、「『クィーン・オブ・ベルサイユ』をなぜ世界の人々が面白いと思っているのかは分からないの。でも皆さんが映画を見てくれている事にとても感謝しています。例えば、私と私の家族がお寿司の大ファンであったり、新しい家のキッチンの中には火鉢グリルがあったり、子供達がアニメのコスチュームを身に着けるのと同じように、他の国の文化に面白さを見つけることは、人生で何かを見つけることと同じなのかな、と思うわ」

1200億円もの負債を抱えて、ビルも売却…映画ではリーマンショックの被害者だった夫妻だが、現在はどうなっているのだろう?「家族共にとても順調なんですよ。会社も拡大して、良くなっているし、現在はフットボールチームのオーランドプレデターズを所有しており、ラスベガス最大のオフストリップホテルのオーナーでもあり、さらにココアビーチピアも買収したんです!家も建設中で、日々完成に近づいていて、今は庭に植えるための果物の木を集め、子供達は自分たちの部屋をどのような風にするか計画を作っているところよ」。さすがパワーあふれる大富豪夫妻!あれだけのピンチを乗り切って、さらに事業も拡大。大豪邸ベルサイユ宮殿も完成間近とは何とも景気の良い話だ。
2014年9月2日
『クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落』
2014年8月16日(土)新宿武蔵野館ほかにてロードショー