ニュース&レポート

松本人志監督、4作品連続で釜山映画祭へ出品!トロント映画祭へは大森南朋&渡部篤郎と参加決定

R100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
10月5日(土)より公開される松本人志監督最新作『R100』が、韓国・釜山市で行われる、第18回釜山国際映画祭に正式出品されることが決定。また、先日発表されたトロント国際映画祭(9/5〜15開催)のプレミア上映に合わせ、松本監督と大森南朋、渡部篤郎が現地イベントに参加することも決まった。
松本人志監督、4作品連続で釜山映画祭へ出品!トロント映画祭へは大森南朋&渡部篤郎と参加決定

10月3日より12日まで開催される第18回釜山国際映画祭では、様々な観点とスタイルを持つ才能豊かなアジアの映画監督たちの最新作や、2013年の代表作を紹介する「アジア映画の窓」部門での出品。松本人志監督作品としては、『大日本人』『しんぼる』『さや侍』に続き、4作品連続で出品される快挙となった。釜山国際映画祭は、アジア最大級の規模を誇るフィルムマーケット「アジアン・フィルム・マーケット」も併設されており、前作までと同様、この機会にアジアを中心とした各国から上映オファーが相次ぐことも予想されている。

さらに、先日発表された第38回トロント国際映画祭では、「ミッドナイト・マッドネス部門」での北米プレミア上映にあわせ、松本人志監督とともに、主演の大森南朋、共演の渡部篤郎の3名がトロント国際映画祭への参加することも決定。「映画祭のなかの映画祭」「オスカー賞レースのスタート」とも称される同映画祭において、長らくプログラミング・ディレクターをつとめてきたコリン・ゲデス氏をして「ワイルドで最高に愉快なファンタジー」と言わしめた本作。監督、メインキャストの参加が決定し、同映画祭はますます盛りそうだ。

トロント国際映画祭の『R100』北米プレミアは、現地時間9月12日(木)深夜0時(日本時間9月13日13時)に上映され、同時間帯に行われるレッドカーペット、舞台挨拶に3人が参加する予定。

【大森南朋 コメント】
トロントの方々が、『R100』をご覧になってどのような反応をされるのか楽しみにしております。

【渡部篤郎 コメント】
松本監督の作品は海外でも高い評価を受けているので、たくさんの方に松本作品を楽しんでもらいたいです。松本監督と大森さんと3人で参加出来ることを嬉しく感じております。さらにパワーアップした一大エンターテイメント作品になっているので、観客の皆様に楽しんでもらえると思います。
2013年8月30日
『R100』
2013年10月5日(土)全国ロードショー!