ニュース&レポート

映画『乱暴と待機』“相対性理論と大谷能生”による主題歌マキシシングルがリリース

乱暴と待機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『パビリオン山椒魚』『パンドラの匣』の冨永昌敬監督最新作『乱暴と待機』の初日が10月9日に決定し、主題歌を担当するスペシャルユニット‘相対性理論と大谷能生’のDVDつきマキシシングルがリリースされることになった。
画像:映画『乱暴と待機』“相対性理論と大谷能生”による主題歌マキシシングルがリリース

10月9日(土)より公開される映画『乱暴と待機』は、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の本谷有希子の作・演出で舞台上映され、その後小説として刊行された原作をもとに、浅野忠信、美波、小池栄子、山田孝之が共演、冨永昌敬がメガホンをとった話題作。

『乱暴と待機』相対性理論と大谷能生
本作の主題歌を担当するのは、スペシャルユニット“相対性理論と大谷能生”。4月末から劇場ほかで流れている予告編でも主題歌の一部が流れ話題に。この度リリースされるシングルでは、映画のビジュアルや原作小説の装丁イラストに続き、CDジャケットも『エヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ監督の鶴巻和哉による書き下ろしイラストに決定、相対性理論のシンボル的存在である、やくしまるえつこがイラストのモデルになっている。

また、相対性理論の「地獄先生」や、やくしまるえつこの「おやすみパラドックス」に続き、本主題歌のPVも冨永昌敬監督が制作。映画本編の“その後”を思わせる内容のPVは、映画の舞台と同じロケ地で撮影を行い、映画の世界観にやくしまるえつこや大谷能生が登場している。

この豪華コラボレーションとなったシングルは、PVを収録したDVD付きマキシシングルとして、9月29日(水)、メディアファクトリーよりリリースされる(⇒Amazon)。

『乱暴と待機』予告編は、以下のページでご覧下さい。
■『乱暴と待機』作品情報
予告編ライブラリ
2010年7月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『乱暴と待機』
2010年10月9日(土)、テアトル新宿ほかにて全国ロードショー
公式サイト:http://ranbou-movie.com/