ニュース&レポート

西内まりや、髪を30cmバッサリ!人生初のショートヘアでヒロイン役に挑む

レインツリーの国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
有川浩のロングセラー小説を、Kis-My-Ft2の玉森裕太主演で映画化する『レインツリーの国』。本作のヒロイン・人見利香役で実写映画初出演となる西内まりやが、役作りのために髪を30cm切り落とし、人生初のショートカットを披露した。
西内まりや、髪を30cmバッサリ!人生初のショートヘアでヒロイン役に挑む

映画『レインツリーの国』は、阪急電車」「図書館戦争」シリーズと映像化が相次ぐ大人気作家・有川 浩のロングセラー恋愛小説の映画化作品。物語のきっかけは、玉森裕太(Kis-My-Ft2)演じる伸行が高校時代に好きだったという「忘れられない本」。そこから“レインツリーの国”というブログの管理人であるひとみ(西内まりや)とメールで繋がり、しだいに彼女に惹かれていくー。しかし、かたくなに会うのを拒むひとみ。彼女にはそう主張せざるを得ない、ある秘密があった…。

西内が劇中で人生初のショートカットを披露するのは、ある秘密のために自分の殻に閉じこもっていたひとみが、伸行と出会って新しい世界へ一歩を踏み出す、キーポイントとなるシーン。役作りのために髪を30cmバッサリ切った西内は、「髪を切ることは、とてもワクワクでした」と語り、「髪を切ったと同時に見える細かな心の変化を感じてもらえたらと思います」とメッセージを寄せている。

西内まりや 全コメント

初映画で初ショート。本作品で髪を切ることは、とてもワクワクでした。今までずっとロングでお仕事をしてきていたので、どんなイメージになるか予想がつかず、緊張感もありました。ロングのひとみは自信もなく内向的。そんなひとみが伸行に出会って少しずつ変わり、ついにショートカットにして気持ちも前向きに。髪を切ったと同時に見える細かな心の変化を感じてもらえたらと思います。ほっこり、そして勇気づけられるあたたかい作品になると思うので、映画の完成を楽しみに待っていて下さい。
新たな西内まりやのスタート。髪を切った事は自分と向き合うきっかけにもなり、ファッションや気持ちも変わりました。これからまた新しい西内まりやで。そしてもっともっとありのままの私でいようと思っています。よろしくお願いします!
2014年12月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『レインツリーの国』
2015年11月21日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://raintree-movie.jp