ニュース&レポート

クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』2020年1月17日公開決定!予告編解禁

リチャード・ジュエル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
クリント・イーストウッド監督の最新作で、1996年アトランタの爆破テロ事件の容疑者と、真実を追う弁護士を描く実話『リチャード・ジュエル』の日本公開が、2020年1月17日(金)に決定し、日本版予告編が解禁された。
クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』2020年1月17日公開決定!予告編解禁

『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』『15時17分、パリ行き』『運び屋』と、実話を基に“衝撃の真実”を描いてきたクリント・イーストウッド監督。89歳、40本目となる監督最新作『リチャード・ジュエル』は、1996年のアトランタで起こった爆破テロ事件の真実を描く衝撃の問題作。

1996年、アトランタで爆破テロ事件が勃発。不審なバックを発見した警備員リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)の迅速な通報によって数多くの人命が救われた。だが、爆弾の第一発見者であることでFBIから疑われ、第一容疑者として逮捕されてしまう。ジュエルの窮地に立ち上がった弁護士のワトソン・ブライアント(サム・ロックウェル)は、この捜査に異を唱えるのだが…。

解禁された予告編では、パニックに陥った会場の公園で「爆弾だ!早く逃げろ!」と人々を避難させるジュエルの姿から始まる。警察による爆破物の検証シーンに続き、爆弾を発見した警備員に疑いの目が向けられたことが示唆される。彼の無実を信じるたった一人の弁護士ワトソンは「容疑が晴れるまで黙秘しろ、俺が話す」とアドバイスし、息子を愛する母ボビー(キャシー・ベイツ)は「母さんが守るからね」と、第一容疑者となった息子への報道を見つめる。そんななか、声紋判定のためにボイスサンプルが欲しいFBIは、ジュエルに「公園に爆弾がある、爆発まで30分」と言えと強要する。そして女性記者キャシー・スクラッグス(オリビア・ワイルド)によって、“悪人か聖人か”という記事がスクープされ、容疑者報道は次第にエスカレートしていく。

国とメディア報道、それに便乗する世間の誹謗中傷。SNSの普及により冤罪社会が確立された現代社会、こんにちにも通じる、他人事ではない事件を描いた本作。リチャード・ジュエルは悪人なのか、それとも聖人なのか!?映画『リチャード・ジュエル』は、2020年1月17日(金)より日本公開。



『リチャード・ジュエル』
監督/製作:クリント・イーストウッド
原作:マリー・ブレナー バニティ・フェア 「American Nightmare―The Ballad of Richard Jewell」
脚本:ビリー・レイ『キャプテン・フィリップス』
製作:ティム・ムーア、ジェシカ・マイヤー、ケビン・ミッシャー、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイビソン、ジョナ・ヒル
出演:サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ポール・ウォルター・ハウザー、オリビア・ワイルド、ジョン・ハム
公式サイト:richard-jewell.jp
© 2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『リチャード・ジュエル』 2020年1月17日(Fri) 全国ロードショー
2019年11月7日