ニュース&レポート

大島優子主演、怪しい中年男との珍道中 映画『ロマンス』予告編が解禁

ロマンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『百万円と苦虫女』のタナダユキ脚本・監督、大島優子 6年ぶりの主演映画となる映画『ロマンス』(8/29公開)の予告編映像が到着した。
大島優子主演、怪しい中年男との珍道中 映画『ロマンス』予告編が解禁

北條鉢子(大島)は、特急ロマンスカーのアテンダント。仕事の成績は常にトップで、その日もつつがなく業務をこなしていたが、ひょんなことから映画プロデューサーを名乗る怪しい中年男客・桜庭に“母親からの手紙”を読まれてしまう。桜庭に背中を押され、もう何年も会っていない母親を捜すことになった鉢子。かつて家族で訪れた箱根の景勝地をめぐる“私とおっさん”の小さな旅が始まった──。

映画『ロマンス』は、『百万円と苦虫女』『ふがいない僕は空を見た』のタナダユキ監督が7年ぶりのオリジナル脚本に挑戦した意欲作。ロマンスカー・アテンダントの女性が、車内で出会った怪しげな中年男と箱根の景勝地を巡る1日を描いた、小さな旅の物語。

主人公の北條鉢子を演じるのは、『紙の月』で第39回報知映画賞、第36回ヨコハマ映画祭で助演女優賞を受賞、そして第38回日本アカデミー賞で優秀助演女優賞を受賞するなど、女優としての活動に注目が集まる大島優子。大島にとって6年ぶりの実写主演映画であり、AKB48卒業後、初の主演映画となる。



大島優子 コメント

オファーをいただいた時は主演ということで不安な気持ちになったのですが、監督がタナダさんと聞き、一気に喜びに変わり、楽しみな気持ちが日増しに大きくなりました。クランクイン前には車内販売の際の動き方や発声方法などを調べて、ずっと自宅でアテンダントの練習をしていました。鉢子は今の私と同じ26歳という設定です。20代前半とは違い、この年齢になるとなぜか前に踏み出す勇気が持てず、怖くなることがあります。そういう気持ちを抱いている鉢子にとても共感しました。完成した作品を観て、タナダワールドにいる自分が何よりも嬉しかったです。劇中では、「これ大丈夫かな!?(笑)」と思うくらいのぐちゃぐちゃな顔や無防備な姿、とびっきり楽しい表情や切ない感情などたくさん引き出していただきました!是非、たくさんの方々に観ていただきたいです!


『ロマンス』
脚本・監督:タナダユキ
出演:大島優子 大倉孝二 野嵜好美 窪田正孝 西牟田恵
配給:東京テアトル
(C) 2015 東映ビデオ

movie-romance.com

8/29(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
2015年5月29日
『ロマンス』
2015年8月29日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
公式サイト:http://movie-romance.com