ニュース&レポート

『シャイニング』検証ドキュメンタリー『ROOM237』、ベールに包まれた予告編が解禁

ROOM237

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
20世紀最高の巨匠スタンリー・キューブリックの『シャイニング』を徹底分析する、独創的なドキュメンタリー映画『ROOM237』。サンダンス、カンヌと映画祭で注目されてきた本作の日本版メインビジュアルと予告編が完成した。
『シャイニング』検証ドキュメンタリー『ROOM237』、ベールに包まれた予告編が解禁
メインビジュアルは、『シャイニング』の舞台となるコロラド州のロッキー山脈にあるオーバールック・ホテルに敷かれているカーペットの模様が全面に施され、その上にタイトルと意味深なキャッチコピーが置かれるシンプルなデザイン。そして、本作はキューブリックの家族や『シャイニング』の製作者などには一切承認されておらず、完全に独自の解釈である旨が明記されている。

予告編も非常に斬新な構成だ。ポスター同様に“本作は私見である“という内容の注意文から始まり、『シャイニング』にまつわるキーワードがナレーションで読まれる。さらには天才監督キューブリックの”頭の中“を覗くイメージ映像とキューブリック全作品のタイトルが羅列される。最後には、2×3×7=42 という謎の数式(タイトルに関係している?)が提示され、予告編は幕を閉じる。

いったいどんな映画なのか??作品の中身はベールに包まれたままだ。

2013年11月29日
『ROOM237』
2014年1月25日(土)シネクイント他全国順次公開
公式サイト:http://www.room237.jp