ニュース&レポート

『るろうに剣心 京都大火編』が興収45億円突破!今年公開の実写邦画ナンバーワンに!

るろうに剣心 京都大火編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
現在、大ヒット公開中の映画『るろうに剣心 京都大火編』が、7日までに354万7,444人を動員し、興行収入45億円を突破。今年公開された日本映画の実写作品でNo.1となった。
『るろうに剣心 京都大火編』が興収45億円突破!今年公開の実写邦画ナンバーワンに!

8月1日に公開された『るろうに剣心 京都大火編』は、16日間で30億円、28日間で40億円を突破、夏休みが明けた先週も動員を伸ばし、5日(金)に興行収入44億円超えを達成。今年公開された日本映画の実写作品では『テルマエ・ロマエII』(4月26日公開)の興行収入44億円を抜き、No.1に躍り出た。

また、9月最初の週末だった6、7日も、夏休みだった前週(8/30-31)対比で93%と、後編『伝説の最期編』の公開を目前に控え、その勢いがまったく衰えず、公開38日間で45億を突破。

この勢いのまま今週13日(土)に公開を控える2部作の完結編『伝説の最期編』だが、ここにきて前売券の売れ行きが『京都大火編』の150%という驚異的な数字を示しており、その期待の高さを裏付けている。なお、13日以降も引き続き『京都大火編』の上映が決まっており、まだまだ動員を伸ばしそうだ。
2014年9月8日
『るろうに剣心 京都大火編』
2014年8月1日(金) 『るろうに剣心 京都大火編』、9月13日(土) 『るろうに剣心 伝説の最期編』丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!