ニュース&レポート

『るろうに剣心/京都大火編』フィリピンで大ヒット!公開5日間で“日本映画最高興収記録”に

るろうに剣心/京都大火編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
佐藤健主演・大友啓史監督、『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』の前編『るろうに剣心 京都大火編』が、フィリピンにて8月20日(水)に封切りを迎え、公開後わずか5日間で、日本映画の最高興収記録を持つ前作超えを果たした。
『るろうに剣心/京都大火編』フィリピンで大ヒット!公開5日間で“日本映画最高興収記録”に

日本では8月1日(金)から公開されている、『るろうに剣心 京都大火編』。フィリピンでは8月20日(水)より130スクリーンで公開がスタートし、公開5日間で約26万5000人を動員、興行収入約PhP45,000,000(約¥107,000,000)を記録。フィリピン国内で日本映画の最高興収記録を持つ前作『るろうに剣心』(2012年公開)の総興収記録PhP40,400,000(約¥95,860,000)をたったの5日間で超える快挙を達成した。

さらに週末の興行成績でも、同日公開のディズニー映画『プレーンズ / ファイアー&レスキュー』、フィリピン映画のロマンティック・コメディ大作『Talk Back And You’re Dead』、前週に公開され大ヒットしているマイケル・ベイ監督の『ミュータント・タートルズ』など数々の競合を押え、見事1位を獲得した。

フィリピンでは、今月6日に佐藤健、武井咲、青木崇高、大友啓史監督が出席し、ファン5,000人が集結したアジアプレミア、翌7日には佐藤健、青木崇高、大友啓史監督が出席したファンイベントで、6000人のファンが集結。その熱狂ぶりが日本とフィリピンのメディアにて多数取り上げられ、日本国内のみならずフィリピンでも<るろうに剣心旋風>が巻き起こった。
2014年8月26日
『るろうに剣心 京都大火編』
2014年8月1日(金) 『るろうに剣心 京都大火編』、9月13日(土) 『るろうに剣心 伝説の最期編』丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!