ニュース&レポート

目を覚ませ抜刀斎…『るろうに剣心』新特報、串団子を持ったのんきな流浪人・剣心の姿も解禁

るろうに剣心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
佐藤健主演、「週刊少年ジャンプ」で連載された大人気剣客マンガを実写映画化した『るろうに剣心』の特報が解禁。佐藤健の殺陣に加え、剣心の二面性を持ったキャラクター像が垣間見えるシーンが明らかになった。
目を覚ませ抜刀斎…『るろうに剣心』新特報、串団子を持ったのんきな流浪人・剣心の姿も解禁

幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられていた伝説の剣客・緋村剣心。彼は明治という新しい時代の訪れとともに姿を消し、「不殺(ころさず)」の誓いをたて流浪人として旅をしていた。ある日、「神谷道場」の師範代をつとめる薫を助けたことから薫のもとで居候することになるが、その頃、街では剣心のかつての呼び名・抜刀斎を名乗った人斬り事件が勃発していた…。

昨年末に公開された特報では、殺陣シーンとメインキャラクターのビジュアルが解禁され話題となったが、今回の映像では、佐藤健演じる剣心の二面性を持ったキャラクター像が垣間見えるシーンが入れられた。串団子を持ち、のんきに旅する流浪人・剣心と、武井咲演じるヒロイン・神谷薫との出会いから一変、後半では怒濤のアクションシーンも用意されており、大友啓史監督が撮影時から「CGに頼らず、生身のアクションにこだわりたい」と話していた通り、佐藤健の体を張った殺陣の一部も見られ、本編への期待が高まる内容となっている。

単行本(全28巻)の累計発行部数5,000万部を超える大人気コミック「るろうに剣心」。映画化決定とともに、テレビアニメ化15周年を記念したOVAや劇場版のBlu-ray化、13年ぶりの新連載も話題だが、本作の公式サイトでは、海外からのアクセス殺到のため急遽、英語・中国語・フランス語・スペイン語の4カ国語の字幕付き映像の制作が決定。世界配給も視野にいれた展開が開始され、今夏一番の話題作の全貌が少しずつ明らかになっていく。

予告編は、以下のページでご覧下さい。
■『るろうに剣心』作品情報
予告編ライブラリ
2012年3月13日
『るろうに剣心』
2012年8月25日公開
公式サイト:http://www.rurouni-kenshin.jp