ニュース&レポート

映画『るろうに剣心』追加キャストが発表!蒼井優が高荷恵、青木崇高が相楽左之助で参加!

るろうに剣心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
佐藤健主演で映画化される『るろうに剣心』の追加キャストが発表され、高荷恵役に蒼井優、相楽左之助役に青木崇高、明神弥彦役に映画初出演となる田中偉登があたることが明らかになった。
画像:画像:画像:
「るろうに剣心」」(和月伸宏原作)は、1994年から1999年に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された剣客マンガで、単行本(全28巻)の累計発行部数が5,000万部を超える大人気コミック。

映画化にあたっては、大河ドラマ「龍馬伝」の大友啓史が監督、“伝説の剣客”である主人公・緋村剣心役に佐藤健、ヒロイン・神谷薫役に武井咲が決定しているが、このほど発表されたのが、蒼井優・青木崇高・田中偉登の3名。

「龍馬伝」から引き続き大友組に参加し、監督からの信頼も厚い、実力派若手女優・蒼井優は、生きるために仕方なく悪に手を染める名医の娘・高荷恵役で、剣心たちに出会い誇りを取り戻していく重要な役柄を演じる。蒼井は、「監督はじめ「龍馬伝」チームが多いので安心して現場に入っています。先日剣心の殺陣のシーンを少し見させていただいたんですが、とても素晴らしかったので、その勢いを私たちも失うことなく最後まで乗り切れたらと思っています」とコメント。蒼井が演じる恵の妖艶な和装も楽しみの一つである。

また、剣心と出会い、のちに行動を共にする喧嘩屋、相楽左之助役に青木崇高。斬馬刀を豪快に振り回すアクションシーンは原作でも人気なだけに期待が高まる。青木のコメントは、「さらし姿に惡の文字 のがれられぬ世の運命 すすむは己のこの拳 けんかの道を独りゆく」と、既に役になりきっている様子だ。

そして恵とともに剣心を慕う、神谷道場の門下生の明神弥彦役に、11歳の子役・田中偉登。「僕は、この映画で弥彦という重要な役をやらせてもらえて本当に嬉しいです。芝居もアクションも覚えることがいっぱいで大変だけど、皆さんと最高の作品が作れるように一生懸命頑張るので、応援よろしくお願いします」とメッセージを寄せている。田中は本作で映画初出演を果たしている。

メガホンをとった大友監督は、「『るろうに剣心』は世界中にファンがたくさんいる漫画だからこそ、原作をリスペクトしつつ、より楽しんでいただけるよう、映画ならではの魅力にあふれた世界観をつくっていきたいと思っています。幕末から明治へと時代が変わりゆく中、登場人物たちは変革を愉しみ、激動のうねりの日々を生きていきます。殺さずの誓いをたてた人斬りの剣心、彼が切れない刀1本でいったいどうやってその時代を切り開いていったのか、迫力あるアクションとともに上質のエンターテインメントをお見せします!」と自信をのぞかせている。

『るろうに剣心』 2012年夏公開
原作:和月伸宏「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」(集英社 ジャンプ・コミックス刊)
監督:大友啓史
製作:ワーナー・ブラザース映画

(C) 和月伸宏/集英社
(C) 秋倉康介


2011年9月3日
『るろうに剣心』
2012年8月25日公開
公式サイト:http://www.rurouni-kenshin.jp