ニュース&レポート

1分1秒見逃せない謎解きサスペンス『シャッターアイランド』が「超日本語吹替版」で公開

シャッター アイランド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演最新作『シャッター アイランド』(パラマウント配給)が、字幕翻訳家の戸田奈津子氏初監修による吹替版、その名も「超日本語吹替版」で公開される。
1分1秒見逃せない謎解きサスペンス『シャッターアイランド』が「超日本語吹替版」で公開

4月9日より公開される映画『シャッター アイランド』は、四方を海に囲まれた孤島を舞台に、そこで起こった失踪事件の捜査にあたる連邦保安官が、次々に立ちはだかる謎に翻弄されていく姿を描いたミステリー超大作。映像に注目していないとわからないくらい微妙な謎解き要素もあるため、一瞬たりとも目が離せないものだが、字幕を追いかけながら次々と投げかけられる謎を理解するにはハードルが高く、字幕に気をとられてうっかり重要シーンを見逃してしまった…なんてことになったら台無し。

そこで今回、『シャッター アイランド』で採用されたのが、「ディカプリオ、日本語上手いね」と思わせるほどのフィット感にこだわった、「超日本語吹替版」。

活字離れした現代では「疲れる」「字幕は早くて読み切れない」という声も多く、あえて吹替版で観るという吹替派も増えているが、その一方で、「なんだか邪道な気がする…」「役者と声優のイメージが合わない」「日本語が不自然」などネガティブなイメージを拭えない意見も。しかし今回は、字幕翻訳家の戸田奈津子氏が吹替版の監修に初挑戦。プロの声優だけを使い、違和感のない話言葉にこだわった吹替えで、安心して手に汗握るミステリーに集中できるよう配慮されている。

さらに本作は、主演のレオナルド・ディカプリオをはじめ、マーク・ラファロ、ベン・キングスレーといった演技派が顔を揃えるミステリー映画。彼らの仕草や細やかな表情のひとつひとつを、字幕を気にすることなくじっくり堪能できるのは、日本語吹替版ならではの楽しみともいえる。
さらに詳しくはこちら⇒http://www.s-island.info/?page_id=2

劇場においての字幕/吹替比率はまだ決まっていないものの、これから行われる一般試写会は全て「超日本語吹替版」で上映されるとのこと。

吹替版予告編は、以下のページから
■『シャッター アイランド』作品情報
予告編ライブラリ

シネマトリビューンでは「超日本語吹替版」試写会に50組100名さまをご招待
2010年3月5日
『シャッター アイランド』
2010年9月10日(金)DVD&Blu-rayリリース
公式サイト:http://www.s-island.jp/