ニュース&レポート

橋本環奈、『セーラー服と機関銃』続編ヒロインで映画初主演

セーラー服と機関銃 -卒業-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1981年、薬師丸ひろ子主演で大ヒットを記録した映画『セーラー服と機関銃』。続編となるシリーズ最新作『セーラー服と機関銃 -卒業-』が、角川映画40周年記念作品として製作されることが発表され、主演に抜擢されたRev. from DVLの橋本環奈が会見に臨んだ。
橋本環奈、『セーラー服と機関銃』続編ヒロインで映画初主演
シリーズ累計264万部を超えるメガヒット原作を元に、1981年12月に公開され一大ブームを巻き起こし、翌年の邦画興収第1位(47億円)を記録した角川映画の代表作『セーラー服と機関銃』(監督:相米慎二/主演:薬師丸ひろ子)。

角川映画40周年記念作品として発表されたシリーズ最新作では、監督は『婚前特急』『夫婦フーフー日記』の前田弘二、脚本は『そこのみにて光り輝く』で第88回キネマ旬報日本映画脚本賞を受賞した高田亮が担当。そして過去に映画で薬師丸ひろ子、2度のTVドラマ化で原田知世、長澤まさみといったトップスターが演じてきた主人公・星泉役を、初の映画主演となる橋本環奈が演じることが発表された。

会見には、橋本環奈、監督の前田弘二、高田亮(脚本)、井上伸一郎(KADOKAWA代表取締役、製作総指揮)、菊池剛(企画プロデューサー)、そして原作者の赤川次郎が出席。

主演の橋本は、オファーを受け「星泉を演じられると初めて聞いたときは、「まさか!」と思いながらもとてもうれしかったです」と話し、「憧れの薬師丸ひろ子さんが演じていた星泉役を演じるということ、さらに角川映画40周年の記念作品1作目という重要な作品であることは、感じたことのない重圧だと思います。そんな大役を演じられるということはまだ夢の途中にいるような感じです。栄えある作品の冠に恥じないよう頑張りますので、改めまして星泉を演じる橋本環奈をよろしくお願いします」と意気込みを語った。

過去の『セーラー服と機関銃』の印象的なシーンについては、やはり「ラストの機関銃を撃って「カイ…カン!」というシーン」と回答。「名だたる女優さんが演じられてきていますが、自分らしい星泉を演じたいです」

前田監督は、「子どもの頃から見ていた大好きな角川映画ですが、40周年というのは私が生まれる前からあったのでその大きさは想像しきれないです。中でも大好きな『セーラー服と機関銃』の続編に参加できてとても光栄です。相米監督の中でも好きなシーンは沢山ありますが、今しか撮れない瞬間をしっかり切りとって豊かな映画にしたい」を抱負を述べた。

脚本の高田は、「映画、ドラマと類似の作品が多数あるほどの伝説的作品に参加できて血が熱くなりました。自分の実力バレないうちにとっとと書きあげました(笑)。人の顔色をうかがいがちな世の中で、気に入らないことには一石を投じて、機関銃をぶっ放すような気分になってもらえればと思います」

原作者の赤川次郎は、「まず初めにこの作品は、リメイクでは無くて『セーラー服と機関銃 -卒業-』というタイトルで書いた続編で、星泉も高校3年生の設定ということを、お伝えしておきます」と前置きし、主演の橋本について「彼女とは同郷(博多)で、1000年に一人の美少女だという記事をみつけて動画も見ていました。一年半ほど前の印象は子どもだなという印象でしたが、実物にお会いして確実に大人の女性として成長している。これなら星泉をうまく演じてくれると思います」と期待を膨らませる。

また、1981年当時を振り返り「薬師丸さんは撮影の時ガラスで顔を切ったり大変だったので、無傷のままやりとげてくれれば(笑)」とも。「ちょうど16歳~18歳くらいの女性は一年で見違えるほどに変わっていきます。さなぎが蝶になっていく姿を残せるのは貴重だと思いますので前の方々が演じられた星泉にとらわれず、のびのびと演じてください」と橋本にエールを送った。

会見で橋本は、「星泉を演じさせていただくなんて女優として最高のスタートだと思います。一つのイメージに囚われず、幅広い役柄を演じられるような女優さんになれたらいいなと思っています」と、女優としての抱負も述べ、星泉の名台詞「カイ…カン」も披露した。

フォトセッションでは、『セーラー服と機関銃』(81)に登場する弱小暴力団「目高組」の、実際に使用した看板を、赤川先生より橋本へ授与。最後に橋本は「今日この時を境に重圧は封印したいと決心して参りました。プレッシャーに負けたら目高組・組長星泉という大切な役を演じることもままならないと思ったからです。角川映画40周年記念の第一作という冠に恥じないよう、星泉のように勇気とポジティブな心をもって楽しみながら全力で臨んでいきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」と改めて意気込みを語り、会見を締めくくった。
2015年6月24日
『セーラー服と機関銃 -卒業-』
2016年3月5日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://sk-movie.jp/