ニュース&レポート

コモン&ジョン・レジェンド「GLORY」メイキング映像が到着 映画『グローリー/明日への行進』

グローリー/明日への行進

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
本日6月19日(金)公開の映画『グローリー/明日への行進』より、本年度アカデミー賞主題歌賞を受賞したコモン&ジョン・レジェンドが歌う主題歌「GLORY」のメイキング映像が到着した。
コモン&ジョン・レジェンド「GLORY」メイキング映像が到着 映画『グローリー/明日への行進』

今からちょうど50年前の1965年、黒人の選挙権を求め決行されたセルマからモンゴメリへのデモ行進。通称「セルマ大行進」。アメリカの公民権運動の中で最も重要な出来事の先頭に立ったのは、マーティン・ルーサー・キング・Jr.=キング牧師。彼の号令のもと、2万5,000人もの人々が集まり、ただ歩くことで、ジョンソン大統領を、アメリカを、そして歴史をも動かした世紀の大行進を感動的に描き上げた映画『グローリー/明日への行進』がいよいよ本日6月19日より公開となる。

今回解禁された映像は、本年度アカデミー賞主題歌賞を受賞し、感動的なパフォーマンスとスピーチで会場の心を震わせたコモン&ジョン・レジェンドが歌う「Glory」の録音風景。

コモンはグラミー賞受賞のヒップホップアーティストであると共に、『アメリカン・ギャングスター』『ウォンテッド』などに出演し俳優としても活躍。本作『グローリー/明日への行進』ではキング牧師を支える活動家ジェイムズ・ベベル役を演じている。ヒップホップグループのライムスター宇多丸氏はTBSラジオ「ウィークエンドシャッフル」にてコモンを特集し「ラッパーとしてのキャリアと俳優としてのキャリアが同時に上がっていくという偉業を達成している人」と評している。また9月には『MTV presents SOUL CAMP 2015』にて来日することも発表された。

ジョン・レジェンドはグラミー賞9冠のR&B・ソウル界を牽引するアーティスト。彼の奏でるピアノの甘いメロディとボーカルは日本でも人気が高い。解禁された特別映像でコモンがジョン・レジェンドに声をかけこの名曲が生まれたことが明かされ、「この映画を観て、世界をより良く変えられるって気持ちをもって欲しい。この問題は現代でも続いてる。みんなで立ち向かうべきことなんだ」とコモンは語っている。

映画と同様に力強いメッセージが込められた美しいこの曲のメイキング映像をチェックして、本編の感動に備えておこう。

2015年6月19日
『グローリー/明日(あす)への行進』
2015年6月19日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次公開