ニュース&レポート

「ひつじのショーン」長編映画第2弾は‟未知との遭遇”!? 海外版特報&ポスター公開

A Shaun the Sheep MOVIE: FARMAGEDDON(原題)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「ひつじのショーン」長編映画シリーズ第2弾、アードマン初のSF作品となる『A Shaun the Sheep MOVIE: FARMAGEDDON(原題)』が、日本では2019年12月に公開されることが決定した。
人気クレイ・アニメーション「ひつじのショーン」は、アカデミー賞を多数受賞している英国アードマン・アニメーションズの大ヒットシリーズ『ウォレスとグルミット』の第3作目『ウォレストとグルミット、危機一髪!』に登場するショーンを主人公にしたスピンオフ作品。ユーモアあふれたストーリーで、ショーンとその仲間たちが静かな丘で毎回大騒動を巻き起こす。

2007年に英国BBCで1話7分のショートアニメがシリーズ化、2015年にはシリーズ初の長編映画『映画 ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』が公開され、全世界で興行収入1億600万ドルもの大ヒットを記録。第88回アカデミー賞長編アニメ賞にもノミネートされるなど、大きな話題となった。

3年ぶりの長編映画第2弾『A Shaun the Sheep MOVIE: FARMAGEDDON(原題)』は、‟未知との遭遇”をテーマにしたアードマン初のSF劇場作品。

解禁された海外版特報映像では、ある夜、イギリスの片田舎の牧場モッシー・ボトム・ファームで何かが起こりそうな怪しげな気配から始まる。突然強烈な光が放たれ、目を覚ました牧場主は、光の正体を確かめるため牧場へ向かう。そこには、何かの暗号なのか?ミステリーサークルが出現し、畑の中から何やら怪しい光と音が聞こえるのだった。突然のことにビックリした牧場主は、たまらず家へと走って逃げていく。

同じく、牧場の異変に気付いたビッツァーも現場へ駆け付け、畑を分け入って怪しい光と音がする方へ進んで行くと、そこにはイタズラ好きなショーンたちが…。いつものことかと、ビッツァーがショーンたちに説教を始めた瞬間、突然ショーンが何者かに連れ去られてしまう…。一体、この先何が起こるのか?同時解禁された海外版ポスターでも、光に吸い込まれていくショーンが捉えられており、ワクワク感満載のビジュアルとなっている。



アードマン・アニメーションズ製作陣 メッセージ

第一作目『映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』では、ショーンを映画スターとして確立させるのが大きな目的でした。
今回は更に劇場映画らしい大作を目指して、ショーンをより壮大で無謀な冒険へと放り込みました。
ユニークで魅力的なキャラクターたちと一緒に、ワクワクするような新しい体験を観客の皆さんにお届けします。
もちろん笑いたっぷり、そして少しホロリとくるような場面もあるかもしれません。
本作はアードマンにとって初のSF劇場作品になります。
私たち製作陣は皆SFの大ファンですので、作中にちりばめられたSFへのオマージュにもぜひ注目してみてください。
そして何といっても、今回新たに登場する魅力的な主人公が、観客の皆さんを虜にすること間違いなしです!


『A Shaun the Sheep MOVIE: FARMAGEDDON(原題)』
監督:リチャード・フェラン、ウィル・ベッカー
脚本:ジョン・ブラウン、マーク・バートン(『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』、『マダガスカル』)
プロデューサー:ポール・キューリー
製作総指揮:マーク・バートン、リチャード・スターザック、ピーター・ロード、ニック・パーク、デヴィッド・スプロクストン
製作:アードマン・アニメーションズ(イギリス)、スタジオ・カナル(フランス)
2019年/イギリス/アニメーション/英語/カラー
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
(C) 2018 AARDMAN ANIMATIONS LTD AND STUDIOCANAL SAS

2019年12月全国ロードショー
2018年12月11日