ニュース&レポート

“ドS”な橋本環奈が佐藤大樹に強烈ビンタ!!『小説の神様』本予告映像解禁

小説の神様 君としか描けない物語

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
作家・相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)・橋本環奈のダブル主演で映画化した『小説の神様 君としか描けない物語』の予告編が解禁された。
“ドS”な橋本環奈が佐藤大樹に強烈ビンタ!!『小説の神様』本予告映像解禁

本作は、自分を見失い思い悩む売れない高校生小説家・千谷一也と、同じクラスの人気者でドSな性格でヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪が、まさかの共作で大ベストセラーを目指すファンタスティック青春ストーリー。

千谷一也役を演じるのは、EXILE/FANTASTICSのパフォーマーとして活躍する一方、『ママレード・ボーイ』『センセイ君主』などに出演し俳優としても人気を集める佐藤大樹。小余綾詩凪役には、『銀魂』シリーズ、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』をはじめ数々の話題作に出演し、幅広い役を演じる橋本環奈。

「あなたが小説家だなんて信じられない!!」売れっ子高校生小説家の詩凪(橋本)が、同じ高校に通う売れない小説家・一也(佐藤)にビンタをくらわせる強烈なシーンから予告編はスタート。自信を無くし、小説家としてのプライドを失った後ろ向きな一也に対して、“ドS”で強気な詩凪。まるで正反対の二人が編集者に課されたミッション――それは“二人でベストセラー小説を生み出せ!”反発し合いながらも共作をきっかけに縮まる二人の距離。自信を取り戻し始めた一也だが、大きな壁にぶつかってしまう。一方、売れっ子のはずの詩凪も、誰にも言えない秘密を抱えていた――。

映像は、一也の心情の変化を映し出すようにモノクロだった世界がカラーに色づき始める演出や、星降る草原で向かい合う2人など、『HiGH&LOW』シリーズやMV500本以上を手掛けた久保監督の才能が遺憾なく発揮されているほか、E-girls解散発表後初、鷲尾伶菜のソロプロジェクト「伶」としての第1弾楽曲「CallMe Sick」が主題歌に起用され、ポップな曲調が作品を盛り上げている。


2020年2月19日
『小説の神様 君としか描けない物語』
2020年5月22日(金)全国公開
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/shokami-movie/