ニュース&レポート

GACKT、『サイレントヒル:リべレーション3D』に吹替えで緊急参戦!

サイレントヒル:リべレーション3D

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
7月12日(金)より公開される映画『サイレントヒル:リべレーション3D』の日本版イメージソングを担当するGACKTが、劇中で声優としても参加していることが明らかとなった。
GACKT、『サイレントヒル:リべレーション3D』に吹替えで緊急参戦!

累計840万本を売り上げた大ヒットゲームを完全映画化した『サイレントヒル:リベレーション 3D』。世界各国で大ヒットを記録した『バイオハザード』シリーズの製作陣が放つ本作は、幼い頃の記憶を失った美少女ヘザーを主人公に、彼女の忌まわしい生い立ちとサイレントヒルの呪われた真実をめぐるミステリーを描き出す。

今回、GACKTが担当するキャラクターは明らかにされていないが、ゲーム「サイレントヒル」シリーズの主人公の1人として参加しており、ファンならばニヤリとしてしまうキャラクターで、物語のあるシーンに登場し存在感を見せつけるとのことだ。

GACKTは新曲「CLAYMORE」を本作の日本版イメージソング(予告、 CMのみ)として提供しているが、今回のタイアップは、映画の配給を手がける株式会社プレシディオが、本作の特徴である「幻想的な美しさと残酷さが融合」している世界観にぴったりのアーティストとして、GACKTサイドに提案し成立したもの。映画についてGACKTは、「人間の弱さとか恐怖心をえぐられるような作品。そこに立ち向かう少女の成長も見応えがある」とコメント。さらに、「幻想的でゴシックな世界観を共有した今回のタイアップで、より多くの人に僕の曲やこの映画に触れてもらえることを願っています」とメッセージを寄せている。
2013年6月28日
『サイレントヒル:リベレーション3D』
2013年7月12日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国ロードショー