ニュース&レポート

ソビボル強制収容所からの脱出劇を映画化 『ヒトラーと戦った22日間』9月8日公開

ヒトラーと戦った22日間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
アウシュヴィッツと並ぶ絶滅収容所ソビボルの知られざる脱出劇を描いた『ヒトラーと戦った22日間』の公開が9月8日(土)に決定した。
第二次世界大戦下、ナチスが建設したアウシュビッツと並ぶ絶滅収容所の1つであるソビボル絶滅収容所。死の運命にあった何百人という収容者たちが、一人のリーダーのもと、共に収容所から脱出した。反乱のリーダーは、ソ連の軍人サーシャことアレクサンドル・ペチェルスキー。武器の扱いにも精通していたペチェルスキーは収容所に入れられてからわずか22日で脱出計画を練り、その統率能力とカリスマ性で反乱を率いた。

これまで歴史に隠されてきた“絶滅収容所最大の反乱”は、一体どのように成し遂げられたのか。1943年10月14日に実際に起こった反乱を、【実話】に基づき忠実に描きだした。

監督・脚本・主演は、<世紀のアイコン>と言われるロシアの国民的俳優コンスタンチン・ハベンスキー。彼の監督デビュー作でもある。ナチスの司令官フレンツェルには『ハイランダー』シリーズ、『ゴーストライダー2』のクリストファー・ランバート。その存在感と冷酷なまなざしで収容者に恐れられる司令官を演じる。

ほか『ゆれる人魚』のミハリーナ・オリシャンスカ、『バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍』のマリヤ・コジェフニコワや、ロシアで誰もが知る俳優ダイニュス・カズラウスカスなど、人気俳優陣が集結。ソビボルで起こった反乱から75年を記念して、2018年5月にロシアで公開されると大ヒットを記録した。

日本では、9月8日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開される。
2018年7月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ヒトラーと戦った22日間』
2018年9月8日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他にてロードショー
公式サイト:http://www.finefilms.co.jp/sobibor/