ニュース&レポート

アン・ハサウェイ新作ラブ・ストーリー『ブルックリンの恋人たち』予告編が解禁

ブルックリンの恋人たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『プラダを着た悪魔』のスタッフとアン・ハサウェイが再びタッグを組み描くラブ・ストーリー『ブルックリンの恋人たち』の公開が2015年3月13日(金)に決まり、予告編が解禁された。
アン・ハサウェイ新作ラブ・ストーリー『ブルックリンの恋人たち』予告編が解禁
『レ・ミゼラブル』でアカデミー賞を受賞したアン・ハサウェイが、脚本に惚れ込み、主演だけでなくプロデューサーも務めた『ブルックリンの恋人たち』。

今作でアン・ハサウェイが演じるのは、モロッコで生活をしながら人類学博士号を目指すフラニー。ミュージシャン志望の弟・ヘンリー(ベン・ローゼンフィールド)が交通事故で昏睡状態に陥ったため、急遽家族が暮らすニューヨークへと戻ってくる。大学を辞めてミュージシャンになると言った弟に反対し大喧嘩になって以来、疎遠となっていたフラニーは、弟の意識が戻る可能性は低いと医者に聞かされ動揺する。弟の部屋でみつけた自作の曲を初めて聴くと、それは人の胸を打つ素晴らしい曲だった。

自分が今まで弟のことを何も知らないでいたことを悔やみ、彼が何を感じてきたかを知ろうと、フラニーは弟の日記を手に、バイトをしていたギター店、ガールフレンドと一緒に行った食堂、ライブハウスなど足跡をたどっていく。ある日、ライブハウスで、彼が憧れるミュージシャンのジェームス(ジョニー・フリン)と出会い、音楽を通して互いに惹かれ合っていくが―。

予告編では、弟の事故を知りニューヨークへ駆けつけたフラニーと、弟の足跡を辿るなかで出会った人気ミュージシャンとの恋が、音楽と共に甘く切なく描かれている。



『ブルックリンの恋人たち』
出演:アン・ハサウェイ、ジョニー・フリン、メアリー・スティーンバージェン
監督・脚本:ケイト・バーカー・フロイランド
配給:ファントム・フィルム
(C) 2014 Song One Funding LLC All Rights Reserved

2015年3月13日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
2014年12月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ブルックリンの恋人たち』
2015年3月13日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー