ニュース&レポート

園子温監督『希望の国』製作決定!大震災を経験した3組の男女の哀しくも美しい物語

希望の国

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
現在、国内外で圧倒的な注目を集める園子温監督が、“いま日本でこの映画を撮って、観てもらうべき”と考え、オリジナル脚本を書き上げた最新作の製作が決定。日本、イギリス、ドイツ、台湾の合作映画として秋より公開されることになった。
園子温監督『希望の国』製作決定!大震災を経験した3組の男女の哀しくも美しい物語
冷たい熱帯魚』『恋の罪』と連続ヒットを飛ばし、最新作『ヒミズ』(公開中)で主演の染谷将太と二階堂ふみをヴェネチア国際映画祭で最優秀新人俳優賞受賞へ導くなど、作品を発表するごとに国内外の注目度も評価も高い園子温監督。

オリジナル脚本で挑む最新作は、震災をテーマにした『希望の国』。日本のある村で、平和に暮らしている老夫婦とその息子夫婦、そして、彼らの隣家に住む青年とその恋人。彼ら6人が、大地震をきっかけに離れ離れになりながらも、それぞれの愛のかたちを貫く姿を描いた、哀しくも美しい3組の男女の物語。3.11の大震災を経て、“いま、日本で生きていく”ということをあらためて問いかける作品となるようだ。

劇中では、夏八木勲と大谷直子という実力派のベテランふたりが、長く住みついた故郷を離れられずに苦悩する老夫婦を演じ、彼らの息子夫婦役を村上淳、神楽坂恵が務める。ほかに、でんでん、筒井真理子、清水優、梶原ひかりの出演も決定している。

本作は、1月13日にクランクイン、2月上旬にクランクアップ、2012年春の完成を予定。なお、すでにイギリス、ドイツ、台湾からの出資も決定しており、世界がその新作を待望する園子温の監督最新作として、完成前から大きな期待を集めている。
2012年1月23日
『希望の国』
2012年10月20日(土)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー!
公式サイト:http://www.kibounokuni.jp