ニュース&レポート

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』ポスター&日本版予告編が解禁!

スター・トレック イントゥ・ダークネス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2013年9月に日本公開される、巨匠J.J.エイブラムス監督最新作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の最新予告編とポスター画像が解禁された。
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』ポスター&日本版予告編が解禁!
平和を謳歌する地球に、突如訪れた史上最大の危機。それはエンタープライズ号の内部に潜んでいた静かなる悪のもたらしたものだった。復讐の炎にその身を焦がし、大量殺戮兵器と化して還ってきたひとりの男。その手によって無敵を誇る宇宙艦隊はたちまち全滅寸前へと追い込まれる。若きキャプテン・カークは世界を滅亡の危機から救うため、男を追って自ら戦闘地帯へと身を投じる…。

本作は、2009年に公開され世界中で大ヒットした『スター・トレック』(日本公開:2009年5月29日)の続編で、J.J.エイブラムス監督のもと、新しい世代に向けた“スター・トレック”の世界を新たに創り上げた作品として公開される。

解禁されたポスターは、アートワークの中央に、本作で初登場する最大の敵“美しく冷酷な悪役”としてベネディクト・カンバーバッジ(役名未公表)が立ちはだかる。崩れ落ちた部分は、シリーズでお馴染みのシンボルマークをモチーフに“世界が最大の危機に襲われ、闇に包まれる”ことを暗示している。

そして日本最新予告編は、美しく壮大なスケールのシーンを始め、前作を凌駕するアクションシーンや、“冷酷な悪役”のベネディクト・カンバーバッジによって地球に最大の危機がもたらされ、人類がパニックに陥るなど世界が暗黒の闇に閉ざされることを示唆している。さらに、主演として続投するクリス・パイン(ジェームズ・T・カーク役)ほか、ザッカリー・クイント(スポック役)、ゾーイ・サルダナ(ウフーラ役))らの姿も登場、エンタープライズ号の乗組員達の深刻な表情からも人間ドラマも感じさせる。また黒のロングコートを翻し登場するベネディクト・カンバーバッチのクールな声のセリフが最新版予告編全体を通して使用されており、内容は意味深で、作品への期待感をあおる予告編となっている。

予告編は、以下のページでご覧下さい。
■『スター・トレック イントゥ・ダークネス』作品情報
予告編ライブラリ
2012年12月7日
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
2013年8月16日(金)、17日(土)、18日(日)、お盆先行公開 / 8月23日(金)全国超拡大ロードショー!
公式サイト:http://www.startrek-movie.jp/