ニュース&レポート

テロで両脚を失った男の実話 ジェイク・ギレンホール主演『ボストン ストロング』予告編が解禁

ボストン ストロング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ジェイク・ギレンホール主演、ボストンマラソン爆弾テロ事件で“ボストンのヒーロー”と呼ばれた男の真実の物語を描いた映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』の予告編が解禁された。
テロで両脚を失った男の実話 ジェイク・ギレンホール主演『ボストン ストロング』予告編が解禁
本作は2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件の被害にあった、ジェフ・ボーマンの実話を映画化。テロに巻き込まれ、両脚を失ったボーマンは「ボストン ストロング」というテーマの元、ボストン復興の象徴として脚光を浴びるも、ボーマンの前には様々な困難が…。耐えられない傷とプレッシャーを背負いながら、恋人や家族などの愛する人々に支えられ、困難を乗り越え、再び立ち上がる“フツウの男”の感動の実話。

この度解禁された予告編では、少しダメな男がテロで両脚を失う悲劇に見舞われ苦しみながらも多くの人々に勇気を与えるヒーロー=“ボストン ストロング”になるまでを力強い音楽とともに描いている。

自らの証言でテロの犯人が特定されたことで一躍時の人となり、ヒーローに祭り上げられる反面、傷の痛みや周囲の過剰な期待、爆発テロ事件当日のトラウマに、一人もがき苦しみ、生きる意味を次第に見失っていく。希望のシンボルとして脚光を浴びる度、浮き彫りになっていく影の部分。しかし、多くの傷ついた人たちに勇気を与えていたのは自分だったことを聞かされた時、どれ程多くの人に自分が支えられているか気づかされた時、普通の男が生きる意味を見つけ、真のヒーローへと変身していく姿に心打たれる予告編となっている。

ジェフ・ボーマンを演じるのは、メジャー大作からインディペンデント映画まで縦横無尽に活躍する実力派俳優のジェイク・ギレンホール。『サウスポー』で演じた筋骨隆々なボクサーや『ナイトクローラー』で怪演したモラルが崩壊していくパパラッチ、地球外生命体と対峙する『ライフ』の宇宙飛行士など、近年の作品を並べるだけでも個性的な役が続くが、本作では両脚を失い、全米のヒーローとして脚光を浴びた男の光と影を見事に表現。義足での演技はもちろん、実際のジェフと時間をかけて交流し、決してモノマネではなく、根底にある人間性や弱さまでも繊細にすくいあげた。物語に心底惚れ込んだジェイクは、本作を新しく立ち上げた製作会社ナイン・ストーリーズの第1作目に選び、プロデューサーとしても深く作品に関わっている。

2018年4月6日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』
2018年5月11日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
公式サイト:http://bostonstrong.jp