ニュース&レポート

玉木宏、高梨臨、木村文乃、東出昌宏 共演!東京駅が舞台のラブストーリー『すべては君に逢えたから』制作決定

すべては君に逢えたから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
来年100周年を迎える東京駅を舞台にしたロマンティック・ラブストーリー『すべては君に逢えたから』の制作が決定。玉木宏、高梨臨、木村文乃、東出昌宏、市川実和子、時任三郎、大塚寧々、倍賞千恵子、本田翼、小林稔侍など、フレッシュな面々からベテラン勢が揃った豪華キャストが発表された。
玉木宏、高梨臨、木村文乃、東出昌宏 共演!東京駅が舞台のラブストーリー『すべては君に逢えたから』制作決定

映画『すべては君に逢えたから』の舞台はクリスマス間近の東京駅。人間不信に陥ったウェブデザイン会社社長、仙台と東京の遠距離恋愛、余命半年を告げられた新幹線の運転士、49年前の果たされなかった約束…それぞれが抱える思いが、クリスマスをきっかけに動きだすというストーリーで、10人の男女のそれぞれの“愛”を描いていく。

1914年に竣工された東京駅は、来年12月で100周年を迎える。様々なイベントも予想される中、この冬に公開される本作はその口火を切る形となり、撮影はJR東日本の全面バックアップのもと、東京駅とその周辺のロケ地で行われ、東京駅を中心とした街の魅力を引き出した映像が期待できる。

制作プロダクション・白組の小池賢太郎プロデューサーは、「この映画は、毎日何百人とすれ違う中で、たったひとりとめぐり逢う、その素晴らしさ、大切さを描く映画。クリスマスだから、今、大切な人に思いを伝えよう、という気持ちになってほしい。日本流の『ラブ・アクチュアリー』を作りたい」と意気込みを語る。メガホンをとる本木克英監督は、「日本で最も美しい駅を舞台に、行き交う人々の心と、出逢いの不思議さをロマンティックに描きたい」と語る。脚本は「フリーター、家を買う」など、日常を細やかに切り取り、物語を紡ぐことに定評がある橋部敦子。

また、10人の男女による6つのエピソードで構成される物語には、豪華キャストが集結。仕事で成功を収め、自分以外は信用しないウェブデザイン会社の社長を、玉木宏。玉木は、「監督とも意見を交えながら、素晴らしい作品が出来ていると感じています。東京駅開業100周年の映画ということで、今から完成を心待ちにしています。今年の冬、劇場で観ていただくお客様に、キラキラしたものをお届けできる事を願っています」とコメント。共演の高梨臨は、「みなさんのクリスマスの思い出のひとつになればと思います。 大切な人や好きな人と一緒にみてもらいたい作品です。 楽しみにしていてください」

遠距離恋愛をテーマにしたラブストーリーでは、木村文乃と東出昌大が共演。王道の恋愛ストーリー初挑戦となる木村は、「私が恋愛もの?と、まだどこか実感しきれていない部分や、ましてや等身大の、と言うことで大丈夫だろうかと思う気持ちもありますが、本木監督を始め頼れるスタッフの方々と素敵なキャストの皆さんとご一緒させていただけるので、一人じゃない、と思えます。人恋しくなる季節にふわりと温かさをお届けできるように一つ一つのシーンを大事にしていけたらと思っています」。東出も、「初めてのラブストーリーで少し緊張しています。どんな人にも一生の内に必ずドラマはあると思います。この映画では、誰かと出逢うということでのドラマが描かれますが、そんな一瞬を切り取って、等身大で演じられたらと思います」とコメントを寄せている。

好きな先輩になかなか想いを告げられないでいる学生役には本田翼。さらに、市川実和子、時任三郎、大塚寧々、小林稔侍など、ベテランまでが勢ぞろい。そして、それぞれのストーリーを見守る、東京駅のケーキ店のオーナー役に本作が実に映画170本目の出演となる、名女優・倍賞千恵子が起用された。キャスティングに関して、松橋プロデューサーは、「どの世代のカップルが見ても等身大で楽しめるラブ・ストーリーを目指した」と語っている。

本作は東京駅とその周辺、都内スタジオ、宮城県内で撮影され、7月末にクランクアップ(予定)、11月22日より全国公開される。

■各エピソードとキャスト紹介

<イヴの恋人>
人間不信のウェブデザイン会社の社長がレストランで出逢った女性は、最愛の人を亡くしたばかりで…。
黒田和樹役:玉木宏
佐々木玲子役:高梨臨

<遠距離恋愛>
東京と仙台で遠距離恋愛を続ける雪奈と拓実。ラブラブの二人の間にも、忙しさゆえのすれ違いが訪れ…。
山口雪奈役:木村文乃
津村拓実役:東出昌大

<クリスマスプレゼント>
養護施設で働く千春。施設の7歳の茜は、母親が来るのを待っているが…。
岸本千春役:市川実和子

<二分の一成人式>
新幹線の運転士、正行は自分の余命が半年であることを息子に告げられないでいた…。
宮崎正行役:時任三郎
正行の妻、宮崎沙織役:大塚寧々

<クリスマスの勇気>
ケーキ屋でアルバイトをする菜摘は気になる先輩にアプローチできないでいたが…。
大友菜摘役:本田翼

<遅れてきたプレゼント>
東京駅近くでケーキ屋を営む琴子には、49年前、果たされなかった約束があった…。
大島琴子役:倍賞千恵子
松浦泰三役役:小林稔侍

***********

すべては君に逢えたから
監督:本木克英 / 脚本:橋部敦子
制作プロダクション:白組
特別協力:JR東日本
企画協力:ジェイアール東日本企画
配給:ワーナー・ブラザース映画
Kiminiaeta-movie.jp


2013年11月22日(金)丸の内ピカデリー他 全国ロードショー
2013年6月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『すべては君に逢えたから』
2013年11月22日(金)新宿ピカデリー他 全国ロードショー