ニュース&レポート

北原里英、リリー&ピエール“凶悪”コンビに拉致され覚醒!『サニー/32』予告編が解禁

サニー/32

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『凶悪』の白石和彌監督、ピエール瀧とリリー・フランキーの“凶悪”コンビと、北原里英が共演する映画『サニー/32』の予告編が解禁された。
北原里英、リリー&ピエール“凶悪”コンビに拉致され覚醒!『サニー/32』予告編が解禁

NGT48・並びにAKB48グループからの来春卒業を発表し、卒業後女優としての活躍を誓った北原里英が女優業を本格始動する第一弾作品、映画『サニー/32』。本作は、『凶悪』の監督・白石和彌と脚本・髙橋泉のタッグによる完全オリジナル作品。

物語の舞台は、冬の新潟の或る町。仕事も私生活も振るわない中学校教師・藤井赤理(北原里英)は24歳の誕生日を迎えたその日、何者かに拉致された。やったのは二人組で、柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)という男。雪深い山麓の廃屋へと連れ去り、彼女を監禁。柏原は「ずっと会いたかったよ、サニー……」と、そう赤理のことを呼んだ。

“サニー”とは――世間を騒がせた「小学生による同級生殺害事件」の犯人の通称。そのいたいけなルックスゆえに「犯罪史上、最もかわいい殺人犯」とネットなどで神格化、狂信的な信者を生み出すことに。この“サニー事件”から14年目の夜、二人の男によって拉致監禁された赤理。赤理は正気を失っていきながらも、陸の孤島と化した豪雪地帯の監禁部屋から脱出を試みるが、それは驚愕の物語の始まりにすぎなかった―
 
解禁された予告編では、夜道で突然拉致された赤理が、見知らぬ山小屋に監禁され、柏原と小田によって「サニー」と呼ばれるシーンが。そして「サニー」に何かしらの縁を持った人間たちが次々に近づいてくる。そんな中、山小屋の2階から深く積もった雪に飛び降り一人逃げる赤理だが…。2017年2月に新潟で撮影された本作は、2〜3メートル近く降り積もった雪に足跡を付けないようスタッフを近づけず、北原はスタントなしで自ら2階の窓から雪に飛び降り、当時を「死ぬかと思った」と、回顧するほど体当たりの演技を見せる。

予告編の後半では、捕らえられていたはずの赤理がある出来事をきっかけに覚醒し、柏原と小田に対して反撃を開始。ついには門脇麦演じる<2人目のサニー>を名乗る者が登場し、物語は予想を超えた結末に向けて走り出していく。



全3種類のビジュアル、『サニー/32』の「ムビチケ」が12月30日(土)より発売


映画『サニー/32』のムビチケカードが12月30日(土)より一部の劇場を除く全国上映劇場で発売!
絵柄は、不穏な家族写真の「キービジュアルver.」、囚われの赤理(北原里英)が配置された「ABDUCTION(=拉致)ver.」、赤理に加えて柏原(ピエール瀧)&小田(リリー・フランキー)の凶悪な表情が印象的な「REVERSAL(=逆転ver.)の合計3種類。
詳しくは映画『サニー/32』公式サイトをチェック!
2017年12月22日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『サニー/32』
2018年2月9日(金)新潟・長岡先行公開2月17日(土)全国公開
公式サイト:http://movie-32.jp/