ニュース&レポート

気分は映画少年!iPhoneが8ミリカメラに!?『スーパーエイト』オリジナルアプリが登場

SUPER 8/スーパーエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
スティーブン・スピルバーグ製作、J.J.エイブラムス監督・脚本の話題作『スーパーエイト』の公開(6/24)を前に、8ミリ映画撮影気分を楽しめるiPhoneアプリが登場した。
気分は映画少年!iPhoneが8ミリカメラに!?『スーパーエイト』オリジナルアプリが登場

映画『スーパーエイト』は、8ミリ映画の撮影に夢中になっている主人公たちが、撮影中に偶然、秘密軍事施設・エリア51から、アメリカが隠す"何か”を輸送していた列車の脱線事故に巻き込まれ、その一部始終を撮影してしまったことから始まる物語。

この映画の公開に合わせて登場したアプリは、iPhoneが8ミリカメラになるという『スーパーエイト』のオリジナルアプリ。インターフェイスは8ミリカメラそのもので、撮影中にはカタカタとフィルムが回る効果音、そして撮影された映像はあたかもヴィンテージカメラで撮影したかのようなフィルムノイズが走るという、レトロな味わいが楽しめる。さらに、レンズの交換やエフェクトの追加、編集、テロップの挿入も可能という優れもので、ごく稀に、アプリ使用中に、“謎の風景”が映ることもあるらしく、映画の公開に合わせて映画撮影をも楽しめるアプリとなっている。

劇中でも重要アイテムとなっている8ミリカメラだが、監督・脚本のJ.J.エイブラムスと製作・スティーブン・スピルバーグの出会いもなんと8ミリ映画。J.J.が16歳の時、コンテストへ応募した8ミリ映画がLAタイムズに取り上げられ、その記事を読んだスピルバーグが、秘書を通じてコンタクトをとったという。J.J.は、スピルバーグ自身が15歳の時に撮影した8ミリ映画の完成を依頼され、感動を覚えながら編集をこなしたというエピソードを述懐している。

スーパーエイト』オリジナルiPhoneアプリについて、J.J.エイブラムスから以下のコメントが届いている。

「8ミリカメラ風の動画を撮影できるところがすごく面白いアプリなんだ。このアプリを使った人が、自分でも映画を作りたいと思うかもしれない。そうなったら僕は嬉しいよ!今は昔と比べてはるかに技術が進歩しているし、予算をかけずに映画を作ることができる。映画を撮影することは、自己表現するには最適の手段だと思う。このアプリも、色々な使い方を試して欲しい。

今僕がやっている仕事は、子供の頃の映画作りと何も変わっていない。使っている機材や、プロと仕事をしているという点はあの頃と違うかもしれないけれど、本質的な部分は何も変わっていないんだ。ぜひ皆にもこのアプリで映画製作に挑戦して欲しいと思っているよ!」


■アプリ紹介
撮影懐かしさを感じる「カタカタ」というフィルムが回る効果音と共に、動画の撮影ができます。
撮影された動画はあたかも8ミリカメラで撮影したかのようなフィルムノイズが走ります。
撮影中のフィルター交換、エフェクトの追加も可能です。
レンズ交換撮影時のレンズを、「カラー」「白黒」「セピア」「ネガ反転」などの7種類から自由に選ぶことができます。
カートリッジ撮影した動画は、カット編集、テロップの挿入、動画データへの書き出しが可能です。
フィルムケース撮影した動画は、アプリ内の"8ミリフィルムケース"を模したライブラリーに保存・編集することが可能です。
プロジェクター撮影した動画は、アプリ内の"プロジェクター"をタッチして引っ張り下ろすことで、再生することが可能です。
謎の動画撮影した動画を再生すると、稀に本作に関連する"謎の風景"が撮影されてしまうことがあります。それが一体何なのかは、劇場でお確かめ下さい。
価格¥115-

■『スーパーエイト』オリジナルiPhoneアプリはこちら
Super 8™ - Paramount Digital Entertainment
2011年6月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『SUPER 8/スーパーエイト』
2011年6月24日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.super8-movie.jp/