ニュース&レポート

「スーパーナチュラル」がコミコンに登場!アニメ版の英語吹替に実写版キャストの参加も決定

スーパーナチュラル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
米人気ドラマ「スーパーナチュラル」が、米サンディエゴで開催のコミコン2010に登場!主要キャストらがパネルトークに出席し、日本でアニメ化される「SUPERNATURAL THE ANIMATION」についてコメントを寄せた。
画像:「スーパーナチュラル」がコミコンに登場!アニメ版の英語吹替が実写版キャストに決定

毎年米サンディエゴで開催されているコミコン(コミコン・インターナショナル)は、コミック、映画、TVシリーズ、ゲームの祭典として毎回熱く盛りあがっている、世界最大のポップカルチャーイベント。

最終日の25日(現地時間)には、「スーパーナチュラル」シーズン5のDVD発売と、秋以降に放送を予定しているシーズン6についてのパネルトークが行われ、ゲストとして実写版の主要キャストであるジャレッド・パダレッキ、ジェンセン・アクレス、ミシャ・コリンズ、ジム・ビーバーに加え、原作・製作総指揮のエリック・クリプキ、製作総指揮のベン・エドランド、サラ・ギャンブルが登場。海外からも注目を集めている「SUPERNATURAL」アニメ化について期待や興奮を熱く語るなど、会場を盛り上げた。

エリック・クリプキ(製作総指揮)は、「このシリーズのアニメが作られるという事はスーパースーパークールだよ!!アニメだから、実写ではできないような、例えば触手のあるモンスターとかを登場させられるからね」と語り、さらに、このアニメの英語版の2つのエピソードでは、実写版主演キャストのジェンセン・アクレスとジャレッド・パダレッキが吹替を担当することを明らかにした。

これについて、ジェンセンは「それはきっと興味深いものになるよ。ぼくの日本語はひどいからさ(笑)」と軽妙にコメント。アニメになってもイケメンの兄弟に、実写版のイケメンキャストが声をあてるという、ファンにとっては嬉しいお知らせとなった。

「SUPEARNATURAL THE ANIMATION」
また、実写版の世界観はそのままに、新たな解釈を加え制作されたキーアートも本邦初公開された。

ワーナー・ホーム・ビデオから2011年1月12日(水)よりリリースとなる「SUPEARNATURAL THE ANIMATION」は、『スティッチ!』『サマーウォーズ』を手掛けた、マッドハウスがアニメーション制作を担当。シリーズ構成・脚本には、「救命病棟24時 第4シリーズ」の高山直也、キャラクターデザインは 「トライガン」の吉松孝博。吹替えキャストを、内田夕夜と東地宏樹が担当。実写版キャストによる英語吹き替えは、特典として収録される予定となっている。


『SUPERNATURAL THE ANIMATION』
ファースト・シーズン/全22話/発売元・販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
◆1月12日⇒ Vol.1-3(第1-6話)レンタル開始/Vol.1(第1-2話)発売
◆2月2日⇒ Vol.4-6(第7-12話)レンタル開始/BOX1(第3-12話)発売
◆3月2日⇒ Vol.7-9(第13-18話)レンタル開始
◆4月6日⇒ Vol.10-11(第19-22話)レンタル開始/BOX2(第13-22話)発売

2010年7月27日
『スーパーナチュラル (TVドラマ)』
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/supernatural