ニュース&レポート

仲間由紀恵・綾野剛が、堤幸彦監督『天空の蜂』に参戦!劇中キャラクタービジュアル解禁

天空の蜂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ベストセラー作家・東野圭吾が1995年に発表した同名原作を、堤幸彦監督、江口洋介&本木雅弘共演で映画化する『天空の蜂』の新キャストが発表され、仲間由紀恵、綾野剛、向井理らの出演が明らかになった。
仲間由紀恵・綾野剛が、堤幸彦監督『天空の蜂』に参戦!劇中キャラクタービジュアル解禁

最新鋭にして日本最大の超巨大ヘリコプターを乗っ取り、原子力発電所の真上に静止させるという史上最悪の原発テロと、この究極の危機に立ち向かう人々の8時間のドラマを描いた本作は、原発を題材にしたテーマ性やその物語のスケールの大きさから、長年映像化不可能とされ続けてきた。20年前に書かれた小説でありながら、東日本大震災後の現在の日本を予見しているかのような内容が描かれ、「まさか1995年に書かれたとは思えない」という驚嘆の声が多数、現在も大きな話題を呼んでいる。

メガホンをとるのは、日本有数のヒットメーカー、堤幸彦監督。『20世紀少年』シリーズなど様々な作品を手がけてきた堤監督が、東野圭吾最大の勝負作の映画化に挑む。

既に発表されていた江口洋介(ヘリ設計士・湯原役)、本木雅弘(原発設計士・三島役)以外に、今回新たな発表となったのは、三島(本木雅弘)の恋人で、事件解決の鍵を握る女に仲間由紀恵。巨大ヘリ《ビッグB》を奪う謎の男には、堤組初挑戦となる綾野剛が決定。

さらに、柄本明が犯人を追う地元刑事を、國村隼が事件現場を統括する発電所所長を演じるほか、竹中直人、石橋蓮司、佐藤二朗ら実力派俳優が結集。また向井理は、原作には登場しないオリジナルのシーンとして、2011年3月、東日本大震災後の日本で救助活動に赴く自衛隊員を演じる。原作とは異なる映画オリジナルの新たな展開がどのように描かれるのかにも、期待が高まる。

出演者の役柄


江口洋介/湯原:奪われた巨大ヘリ≪ビッグB≫の設計士。ヘリ墜落を阻止すべく奔走。
本木雅弘/三島:狙われた原発「新陽」の設計士。湯原と同期。原発を守るために奔走。

仲間由紀恵/赤嶺:三島の恋人。事件解決の鍵を握る。
綾野剛/雑賀:巨大ヘリ≪ビッグB≫を奪った謎の男。
柄本明/室伏:地元のベテラン刑事。犯人を追跡する。
國村隼/中塚:原発「新陽」の所長。事件現場を統括する。
石橋蓮司:原子炉核燃料開発事業団「炉燃」理事長。
竹中直人:警察庁長官。
向井理:自衛隊員。 2011年の日本で、救助活動に向かう。
佐藤二朗:福井県警 警備部長。
光石研:福井県消防本部 特殊災害課長。
落合モトキ:新米刑事。室伏の部下。
やべきょうすけ:航空自衛隊員。ヘリ操縦士。
その他、手塚とおる、永瀬匡、石橋けい、カゴシマジロー、松島花、前川泰之、松田悟志、森岡豊らが出演


仲間由紀恵 コメント

「トリック」シリーズが完結して少し寂しく思っていたところ、また堤監督とお仕事をご一緒することができて大変嬉しかったです。今回は、スケールの大きな社会派の作品だったので、堤組とはいえまったく雰囲気も違い、初共演の方が多かったこともあり、改めて新鮮な気持ちで作品に取り組めました。
私の役は、過去に心に傷を背負った役だったので、原作を元に1シーン1シーン役作りはもちろんのこと、髪型や服装・メイクまで監督と話し合いながら撮影しました。
見終わった後に必ず心に何かが残る作品になると思います。私も映画の完成を楽しみにしています。

綾野剛 コメント

堤組、スタッフ、キャストの皆様と共に、真摯に受け止め、取り組まさせて頂きました。
刻々と迫っている。
もう眼を背けてはいけない。
不確かな今を、確かな未来へ紡ぐ為に。
わたしは天空の蜂を生きて、わたしを体感したのかもしれない。


起用理由


○仲間由紀恵
主要キャラクターのほとんどが男性となる物語の中で、限定された登場シーンで圧倒的な存在感を発揮する女優を考えたとき、堤監督と15年以上も仕事を続けている仲間さんの顔がすぐに浮かびました。
仲間さんの持ち味である明るくポジティブな存在とは正反対の地味で暗いキャラクターでしたが、秘密と決意を胸に秘めた悲劇のヒロインの登場により、サスペンスのレベルを新たな次元に押し上げて頂きました。

○綾野剛
今、とても旬な役者であり、一緒に仕事をしたい役者として製作陣の意見が一致し、脚本完成と同時に即座にオファーさせて頂きました。影を背負った寡黙な実行犯というキャラクターでしたが、綾野さんが醸し出す研ぎ澄まされた空気感によって、見事な犯人が出現しました。去年の夏、数日間という極度に限定された撮影環境のなか、芝居と殺陣をあっという間にモノにしていく様に、スタッフの驚嘆と賞賛が入り混じる現場でした。
2015年2月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『天空の蜂』
2015年9月12日(土) 全国ロードショー
公式サイト:http://www.tenkunohachi.jp