ニュース&レポート

東野圭吾「天空の蜂」、江口洋介&本木雅弘共演で映画化!超大型クライシス・サスペンス誕生

天空の蜂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1995年に発表され、そのスケールの大きさと原発を題材にしたテーマ性から映像化不可能とされてきた東野圭吾の「天空の蜂」が、江口洋介と本木雅弘共演、堤幸彦監督で映画化されることがわかった。
東野圭吾「天空の蜂」が、江口洋介&本木雅弘共演で映画化!超大型クライシス・サスペンス誕生

物語は、1995年夏。最新鋭にして日本最大のヘリコプターが防衛庁に納品される日。何者かの遠隔操作により、ヘリコプターが奪取される。自動操縦で飛行するヘリコプターは稼働中の高速増殖炉でホバリングを開始。電力会社、県庁、マスコミへ、日本全国の原発の停止を求める犯行声明が届く。期限は10時間。さらに、ヘリコプターの中には子供が取り残されている事が分かり…。

最新鋭にして日本最大の大型ヘリを乗っ取り、原子力発電所の上空にホバリングさせるという前代未聞のテロ事件を描いた本作は、東野圭吾が描いた最大の国家危機として大きな話題を集めた超ロングセラー作品。作者自身も「今まで書いた作品の中で一番思い入れが強いのはどれかと訊かれれば、これだと答えるだろう」と語るほど思いがこもった本作だが、原発を題材にしたテーマ性とスケールの大きさから、映像化は絶対不可能とされてきた。

原作の発表から20年、映画化にあたってメガホンをとるのは、トップクリエイターであり日本有数のヒットメーカー、堤幸彦監督。原作に忠実でありながらも、東日本大震災の原発事故を経験した現代の日本に放つに相応しい、映画ならではの要素が加わる予定だというが、詳細はヴェールに包まれており、堤監督は「この作品は社会と人間の在り方を問う問題作です。あらゆる神経を動員して向き合いたいと思います」とコメント。東野圭吾も「20年前に私が発したメッセージが、今どのように受け止められるか、見守りたいと思います」と期待を寄せている。

そして、姿なき敵との極限の心理戦に挑む男達には、日本を代表する実力派俳優が集結。ヘリコプター設計士の湯原一彰役で江口洋介、原子力機器設計士・三島幸一役で本木雅弘が、満を持して初共演する。

現在はエキストラも募集しており、6月14日よりクランクイン。8月上旬のクランクアップを経て、2015年に公開を予定している。

『天空の蜂』
原作:東野圭吾「天空の蜂」(講談社文庫)
監督:堤幸彦(『20世紀少年』シリーズ、『BECK』、『明日の記憶』)
脚本:楠野一郎

主演:江口洋介 <錦重工業社員、ヘリコプター設計士 湯原一彰 役>
共演:本木雅弘 <錦重工業社員、原子力機器設計士 三島幸一 役>

配給:松竹

2015年全国ロードショー
2014年6月9日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『天空の蜂』
2015年9月12日(土) 全国ロードショー
公式サイト:http://www.tenkunohachi.jp