ニュース&レポート

超巨大ヘリ現る!江口洋介・本木雅弘『天空の蜂』特報映像解禁

天空の蜂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
9月12日(土)より公開される、東野圭吾原作・堤幸彦監督、江口洋介と本木雅弘が共演するクライシス・サスペンス超大作『天空の蜂』の特報映像が解禁された。
超巨大ヘリ現る!江口洋介・本木雅弘『天空の蜂』特報映像解禁

映画『天空の蜂』は、原発を題材にしたテーマ性やその物語のスケールの大きさから、長年“映像化不可能”と言われた東野圭吾の同名ロングセラー小説を、「20世紀少年」シリーズの堤幸彦監督がメガホンをとり完全映画化。最新鋭にして日本最大の超巨大ヘリコプターを乗っ取り、原子力発電所の真上に静止させるという史上最悪の原発テロと、この究極の危機に立ち向かう人々を描いたクライシス・サスペンス超大作。

長年、家族との時間を犠牲にしながらも、自衛隊用の超巨大ヘリ≪ビッグB≫の開発に取り組んできたヘリコプター設計士・湯原を江口洋介。一方、湯原と同期入社で、日本の発展に寄与するエネルギーと信じ、原子力発電所の設計に携わってきた原発設計士・三島を本木雅弘が演じる。

今回到着した特報では、報道や政府の声が飛び交う中、超巨大ヘリ≪ビッグB≫が、全てを掻き消すように突如現れる。燃料が尽きてヘリが原子炉へ墜落するまで“タイムリミットは8時間”。日本消滅の危機を必至に食い止めようとする湯原と、冷静に怒りを抑えながら日本の危機を訴える三島の姿に高まる緊迫感が伝わる。“史上最悪の事態”はどのような結末を迎えるのか―、三島の恋人で事件解決の鍵を握る女性・赤嶺を演じる仲間由紀恵、ビッグBを奪う謎の男・雑賀に扮する綾野剛の姿も映し出され、その迫真の表情も、より一層期待を掻き立てる映像となっている。

また、本作の映画化で原作ファンも注目しているのが、全長34メートル・総重量25トン、現在日本に実在する輸送用ヘリを遥かに越える日本最大の≪ビッグB≫がどのように映像化されるのか。ヘリの内部のシーンは30m級の巨大セットで撮影され、現在もなお続いているCG制作作業は1年以上にわたっており、完成度の高さが伺える。

堤監督自身も「様々な作品を作らせて頂いていますが、これまでこんなに神経を張りつめた作品はなかなかありませんでした。トップカットからスタッフロールまで全神経を集中させて作りました。私の作品の中ではこういうアプローチはなかったなぁと、自分でもびっくりするような仕上がりになっています」とコメントを寄せ、確かな手応えを感じている様子。また、不安感や緊張感などを表現するため、“カメラを固定して撮影されたカットが一つもない”という、特別な手法で撮影されているという。

2015年3月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加