ニュース&レポート

J・キャメロン、シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン再タッグ「ターミネーター」最新作 2019年公開

「ターミネーター」最新作(タイトル未定)

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
製作ジェームズ・キャメロン、アーノルド・シュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトンの再演が実現する「ターミネーター」シリーズの最新作が、2019年に日本公開されることが決定し、初画像が解禁された。
J・キャメロン、シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン再タッグ「ターミネーター」最新作 2019年公開

アーノルド・シュワルツェネッガーの代表作で、映画史に燦然と輝く伝説的作品「ターミネーター」シリーズ。『ターミネーター2』は全米で2億484万ドルを記録し、1991年の年間興行収入ランキングでは堂々1位に輝いている。劇中のアーノルド・シュワルツェネッガー扮するターミネーター:T-800 が溶解炉に沈むクライマックスシーンの「I’ll be back」は、誰もが1度は聞いたことのある伝説の名台詞だろう。

そんな伝説の作品『ターミネーター2』以来、プロデューサーに復帰しストーリーも手掛けるのは、「ターミネーター」の生みの親であるジェームズ・キャメロン。監督を務めるのはVFX業界出身の注目監督ティム・ミラー(『デットプール』)。彼は「当時の映画はまるで予言だ」と言い、「キャメロンが製作した『ターミネーター』と『ターミネーター2』で描かれた多くの事(人工知能やロボットなど)が、いまや現実味を帯びつつある。」と付け加え、関連が深い現代だからこそ続編を作る意義があることを説明する。

最新作の詳細については明らかになっていないが、キャメロンが呼び寄せたメインキャストは当然アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)とリンダ・ハミルトン(サラ・コナー)だ。シュワルツネッガーは「T-800を演じられることを楽しみにしている。(「T2」以来)ジェームズ・キャメロンが全体的な監修をするわけだから、すごい作品になるよ。」とコメントしており、最新作は『ターミネーター2』の続編的な扱いの作品になるとも言われている。

『ターミネーター』では悪役、『ターミネーター2』ではヒーローを演じたアーノルド・シュワルツェネッガー。28年ぶりにオリジナルキャストが集結し、未来と現在のキャラクターが登場すると言われている最新作ではどんな立場を演じることになるのか?

また、本作を彩るフレッシュな新キャストとして、マッケンジー・デイヴィスをはじめ、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ、そしてディエゴ・ボネタが決定している。解禁された初画像は、左からダニ・ラモス役のナタリア・レイエス、グレース役のマッケンジー・デイヴィス、そして『ターミネーター』『ターミネーター2』に続いてサラ・コナー役のリンダ・ハミルトン。時代設定やキャラクター詳細はまだ明かされていないが、これまで世界の滅亡を防ぐため奮闘してきたサラ・コナーが、唯一銃を持ち武装した姿で登場している。

「ターミネーター」最新作の日本公開は、2019年を予定している。
2018年8月3日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加