ニュース&レポート

伊藤英明&武井咲、火星で“ヤツ”と遭遇!映画『テラフォーマーズ』WEB版特報解禁

テラフォーマーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
累計発行部数1,300万部突破の人気コミックを、三池崇史監督、伊藤英明主演で映画化した『テラフォーマーズ』(4/29公開)のWEB版特報映像が解禁された。
伊藤英明&武井咲、火星で“ヤツ”と遭遇!映画『テラフォーマーズ』WEB版特報解禁

映画『テラフォーマーズ』は、2011年に「週刊ヤングジャンプ」の増刊漫画誌、「ミラクルジャンプ」(集英社刊)で連載を開始、その後2012年に「週刊ヤングジャンプ」(集英社刊)に籍を移し連載が続投され、累計発行部数1,300万部突破の人気コミックを実写映画化。監督を務めるのは、『クローズZERO/Ⅱ』『悪の教典』の鬼才、三池崇史。

まず、特報で映し出されるのは2599年の日本。日本では人口爆発により貧富の差が激しくなってしまっていた。パトカー、そして、大勢の警察官に追われる小町小吉(伊藤英明)と秋田菜々緒(武井咲)。テラフォーミング計画(火星地球化計画)の説明とともに、青々とコケで地表を覆われた火星の映像が映し出される。移住先の候補として選ばれた火星を地球化するためにコケとともに送り込まれた<ある生物>を駆除するため、15人の日本人は火星へと向かうのだ。予測不可能な非常事態が起きていることなど何も知らされずに…。

小池栄子が演じる大張美奈の「″テラフォーマー“が接近してきます」という緊迫感に満ちたシーンに続き、「俺たちは、必ず生きて帰る!」の言葉とともに走り出す小町。ラストには、彼らが遭遇する最悪のヤツら、″テラフォーマー“の姿が。”“テラフォーマー”に遭遇した菜々緒が「火星人?」と疑問を放ち、「ハ、ハロー!」と小町が爽やかな笑顔で声をかけるが…。

果たして、人間たちは想定外のヤツらに打ち勝ち、生きて地球へ帰ることができるのか。映画『テラフォーマーズ』は、2016年4月29日(金)全国ロードショー。

2015年11月6日
『テラフォーマーズ』
2016年4月29日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://terraformars-movie.jp