ニュース&レポート

『アーティスト』監督&女優再タッグ!『あの日の声を探して』が4月24日公開

あの日の声を探して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
第84回アカデミー賞で作品賞に輝いた『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督と、ベレニス・ベジョが再タッグを組んだ最新作『THE SEARCH(原題)』の邦題が『あの日の声を探して』となり、4月24日(金)より日本公開が決定した。
『アーティスト』監督&女優再タッグ!『あの日の声を探して』が4月24日公開

2011年、現代の白黒無声映画『アーティスト』でアカデミー賞作品賞、監督賞ほか全5部門を受賞し、その比類なき才能を全世界に知られることになったミシェル・アザナヴィシウス監督。最新作の『あの日の声を探して』は、1946年にアカデミー賞4部門ノミネートされたフレッド・ジンネマン監督『山河遥かなり』から着想を得て製作されたドラマで、1999年、ロシアに侵攻されるチェチェンを舞台に、両親を殺され、声を失った9歳の少年の物語。

少年が放浪するなかで出会うEU職員には、『アーティスト』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたベレニス・ベジョ。同じく『キッズ・オールライト』などでアカデミー賞ノミネートのアネット・ベニングなど実力派が揃う中、主人公の少年ハジはオーディションで選んだ素人のチェチェンの少年。両親を亡くし、失意の中で声までも失うが生きることは決してあきらめない、切なくもピュアな少年を堂々と演じきる。

『あの日の声を探して』
到着したポスターは、自分よりも幼い子供を抱きかかえる少年の儚げな姿と共に、彼の力強い眼差しが印象的なビジュアル。「私が監督として立ちたい場所にある作品」と語るミシェル・アザナヴィシウス監督は、全編手持ちカメラでグルジアロケを敢行し、徹底したリアリティを追求。観る者の魂をゆさぶる感動作を作りあげた。

なお、この公開に合わせて、3月18日(水)、19日(木)にミシェル・アザナヴィシウス監督が3年ぶりに来日することも発表された。

映画『あの日の声を探して』は、4月24日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開される。
2015年2月4日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『あの日の声を探して』
2015年4月24日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国順次公開
公式サイト:http://ano-koe.gaga.ne.jp/