ニュース&レポート

最高権力は誰の手に?ロシアで上映禁止の話題作『ザ・デス・オブ・スターリン』8月公開決定

ザ・デス・オブ・スターリン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1953年のロシア(旧ソ連)を舞台に、スターリンの後釜を巡る側近たちの様子を描いた作品『THEDEATH OF STALIN /ザ・デス・オブ・スターリン』の日本公開が、8月に決定した。
最高権力は誰の手に?ロシアで上映禁止の話題作『ザ・デス・オブ・スターリン』8月公開決定

1953年3月2日、一人の男が危篤に陥る。ソ連の絶対的独裁者、ヨシフ・スターリンだ。「今うまく立ち回れば、自分に後釜のチャンスが!」最高権力の座を目指し、色めき立つ側近たちの、姑息で熾烈な頭脳戦はやがて──。

本作は、1953年のロシア(旧ソ連)を舞台に、当時恐怖政治を強いてきた絶対的独裁者ヨシフ・スターリンが死んだことで巻き起こった最高権力の座を巡る側近たちの争いや混乱の様子を、辛辣かつコミカルに描いた作品。

監督・脚本を務めるのは、エミー賞受賞とアカデミー賞ノミネートの経験をもち、政治風刺作品に定評のあるアーマンド・イアヌッチ。これまでにも、英国政権の内部を描いたコメディドラマシリーズ「官僚天国」や、米国の女性副大統領を主人公にその日常を描いたコメディドラマシリーズ「Veep/ヴィープ」、米英両国の閣僚や官僚を描いた映画『Inthe roop』などを手がけ、高い評価を受けてきた。

『THEDEATH OF STALIN』は、第42回トロント国際映画祭で世界的に初お披露目され、その後も各国映画祭で“話題”と“笑い”を呼び注目を集め、製作国であるイギリスでは昨年の10月に公開されスマッシュヒット。さらに、先週3月9日にはアメリカで上映館数を絞った形で限定公開され、2018年の限定公開作品の中でNO.1のオープニング記録を樹立。映画レビューサイト「RottennTomatoes」でも、96%FRESH(2018/3/16現在)を叩きだす高評価だが、今月18日に大統領選が迫るロシアでは、政府が急遽上映を禁止したことで話題を呼んでいる。

日本では、今年8月、TOHOシネマズシャンテほかにて公開される。

『THE DEATH OF STALIN』
ザ・デス・オブ・スターリン(原題)

監督:アーマンド・イアヌッチ
出演:スティーヴ・ブシェミ、ジェフリー・タンバー、オルガ・キュリレンコ、マイケル・ペイリン
(C)2017 MITICO ? MAIN JOURNEY ? GAUMONT ? FRANCE 3 CINEMA ? AFPI ? PANACHE ?PRODUCTIONS ? LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE ? DEATH OF STALIN THE FILM LTD

8月、TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
2018年3月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『スターリンの葬送狂騒曲』
2018年8月3日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか、全国順次ロードショー
公式サイト:http://gaga.ne.jp/stalin/