ニュース&レポート

トロントで観客賞、ベネチアで脚本賞受賞の話題作『スリー・ビルボード』2018年2月公開決定

スリー・ビルボード

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2017年トロント国際映画祭で観客賞を受賞、ベネチア国際映画祭でも脚本賞に輝いた話題作『Three Billboards Outside Ebbing, Missouri(原題)』の邦題が『スリー・ビルボード』となり、2018年2月1日(木)より公開されることが決まった。
トロントで観客賞、ベネチアで脚本賞受賞の話題作『スリー・ビルボード』2018年2月公開決定

ミズーリ州のさびれた道路の3枚の広告看板に、ある日突然現れた真っ赤な広告。メッセージを出したのは、7カ月前に何者かに娘を殺されたミルドレッド。犯人は一向に捕まらず、何の進展もない捜査状況に腹を立て、警察署長にケンカを売ったのだ。署長を敬愛する部下や町の人々に脅されても、一歩も引かないミルドレッド。その日を境に、次々と不穏な事件が起こり始め、やがて思いもかけない、誰もが想像できないドラマが始まる──。

本作は、各々の大切なものを守るために、予想もしない道へと外れていく大人たちをダークなユーモアを潜ませて熱く切なく描き、観る者を途方もない結末へと連れ去る究極のクライム・サスペンス。

主人公のミルドレッドを演じるのは、アカデミー賞に4度ノミネートされ、『ファーゴ』で主演女優賞を獲得した名女優フランシス・マクドーマンド。署長には同じくアカデミー賞に2度ノミネートされた『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のウディ・ハレルソン。彼の部下を『コンフェッション』でベルリン国際映画祭男優賞を受賞したサム・ロックウェルが演じる。

監督は、26歳で劇作家としてデビュー後、映画デビュー作でいきなりアカデミー賞短編賞を獲得、本作が長編3作目となるマーティン・マクドナー監督。

『スリー・ビルボード』は、2018年2月1日(木)より公開される。
2017年10月27日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加