ニュース&レポート

第28回東京国際映画祭 コンペティション部門に『FOUJITA』『さようなら』『残穢』日本映画3本が出品

第28回東京国際映画祭

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
10月22日より開幕される第28回東京国際映画祭の“コンペティション部門”に、『FOUJITA』『さようなら』『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』の3作品の出品が決定。日本映画が3作品出品されるのは、11年ぶりとなる。
『FOUJITA』
コンペティション部門の日本作品1作品目は、パリが愛した日本人画家・藤田嗣治の知られざる半生を『泥の河』『死の棘』『眠る男』の小栗康平監督が日仏合作で描く『FOUJITA』。フジタ役にオダギリジョー、妻の君代を中谷美紀が演じ、昨年フェスティバル・ミューズを務めた中谷美紀は「いつか女優としてコンペティション部門で映画祭に戻って来たい」という願いが一年で叶った形となった。


『さようなら』
2作品目は、人間と本物のアンドロイドが実際に共演し世界が注目する画期的プロジェクト、アンドロイド演劇「さようなら」を完全映画化した『さようなら』。監督の深田晃司は、2010年『歓待』が第23回東京国際映画祭日本映画「ある視点」部門作品賞受賞、2013年『ほとりの朔子』で東京国際映画祭コンペティション部門出品、またナント三大陸映画祭グランプリ&若い審査員賞をダブル受賞し大躍進の中、再び東京国際映画祭の舞台に戻ってくる。


『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』
そして3作品目は、小野不由美の傑作小説を待望の初映画化『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』。『予告犯』のヒットも記憶に新しく、『ゴールデンスランバー』『ジェネラル・ルージュの凱旋』など映像化困難と言われた数々の原作の実写映画化を成功に導いたヒットメーカー・中村義洋監督が、満を持してのコンペ出品。人気実力派女優の竹内結子と橋本愛、初共演となるふたりの演技も見所の戦慄のリアルミステリーだ。

コンペティション部門は、2015年1月以降に完成した長編映画を対象に、世界各国・地域の応募作品の中から、厳正な予備審査を経た16本の作品を上映。昨年は92の国と地域から1,373本もの応募があり、国際的な映画人で構成される審査委員のもと、クロージングセレモニーで各賞が決定される。なおコンペティション部門の他選出作品は、9月29日(火)に発表される。

選定理由について/プログラミング・ディレクター矢田部吉彦

巨匠、ヒットメーカー、若手のホープ。3名の異なるタイプの監督をお迎えすることで、日本映画の実力と多様性を世界に発信したいと思いました。コンペに邦画が3作品も入ったのは2004年の第17回開催以来なので11年ぶりです。仕事柄、世界中の作品を観ていますが、近年日本映画のクオリティはとても充実していると感じており、世界にひけを取りません。この勢いが今年の映画祭で反映される形となりました。
小栗監督は『FOUJITA』において自らの妥協なき美学を具現化し、芸術映画の牙城を死守しています。中村監督は『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋』で恐怖演出の歴史に新たな金字塔を打ち立て、日本の伝統的な怪談映画を深化させました。深田監督は『さようなら』で今まで見たことのない日本映画を完成させ、次代のトップランナーに躍り出ると確信しています。まさに三者三様。コンペの日本映画、鉄壁の布陣です



『FOUJITA』スタッフ・キャスト コメント

●小栗康平監督
東京国際映画祭のコンペティションに参加できて光栄です。日仏の合作映画ですが、東京がワールド・プレミアムになります。画家の映画ですから、絵画に匹敵する映画にしなくてはなりません。スタッフ、キャスト、みんながいい仕事をしてくれました。
●オダギリジョー
『FOUJITA』は何年何十年経っても必ず映画史にその名を残す作品だと感じています。
そんな作品に関われて、心から嬉しく思っています。
この機会に是非、大きなスクリーンで楽しんで頂ければ幸いです。
●中谷美紀
藤田の物憂げな佇まいは、ただただ美しく、光と影を巧みに操る小栗監督の画の中で、見事な肖像として存在していました。日本でもまだ、このような芸術至上主義の映画が作れることを、お伝えできれば嬉しいです。
2015年9月16日