ニュース&レポート

東京国際映画祭 オープニング作品はガガ初主演『アリー/ スター誕生』、クロージングは『GODZILLA 星を喰う者』

第31回東京国際映画祭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
10月25日(木)~11月3日(土・祝)に開催される第31回東京国際映画祭。本年度のオープニング作品に『アリー/ スター誕生』、GALAスクリーニング作品に 『人魚の眠る家』、クロージング作品が『GODZILLA 星を喰う者』に決定した。
東京国際映画祭 オープニング作品はガガ初主演『アリー/ スター誕生』、クロージングは『GODZILLA 星を喰う者』

オープニング作品は、12月21日(金)に日本公開される、レディー・ガガ初主演、ブラッドリー・クーパー主演・監督作品『アリー/ スター誕生』。1937年の「スタア誕生」を皮切りに、これまでに何度も映画化されてきた普遍的なストーリーを映画化。世界的歌姫レディー・ガガが、スターになることを夢見る主人公・アリー役を熱演するほか、ブラッドリー・クーパーが本作で監督デビューを果たし、アリーの才能を見出すロックスターのジャクソン役でガガとともに主演を務めている。

映画祭事務局は『アリー/ スター誕生』をオープニング上映作品に選んだ理由について、「映画祭という場所は、数々のスターを誕生させてきた場所であり、まさにタイトル通り、『アリー/ スター誕生』を今回オープニング作品としてオファーさせて頂きました。ごく普通のヒロインが運命の人との出会いを経て、成功と葛藤を経験しながら歌手としてスターの階段を駆け上がってくストーリー。ストーリー、音楽、キャストの演技、すべてが映画的満足度を充分に満たす作品と感じ、東京国際映画祭オープニング上映を飾るに相応しい作品と思っております。」とコメントを寄せている。

東京国際映画祭 オープニング作品はガガ初主演『アリー/ スター誕生』、クロージングは『GODZILLA 星を喰う者』

今年初の試みとなる、GALAスクリーニング作品は『人魚の眠る家』。東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれたベストセラー小説を堤幸彦監督の手によって映画化。愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦の運命とは…。篠原涼子と西島秀俊が夫婦役で映画初共演。坂口健太郎ほか世代を代表する実力派キャストが集結。先の読めない怒涛の展開、想像を絶する衝撃のクライマックス、愛する人を持つすべての人の心を揺さぶるヒューマンミステリー。

東京国際映画祭フェスティバル・ディレクターの久松猛朗氏は、「この作品は「人間の生と死」という深いテーマを扱いながらも、堤幸彦監督渾身の演出と、主演の篠原涼子さんの鬼気迫る圧倒的な演技で、ぐいぐいと物語に引き込み、最後にはその問いかけに心を突き動かされながらも、これまで経験したことのない不思議な感動が残ります。正に堤監督の最高傑作と言っても過言ではなく、GALAスクリーニングに相応しい作品だと思います」とコメント。

東京国際映画祭 オープニング作品はガガ初主演『アリー/ スター誕生』、クロージングは『GODZILLA 星を喰う者』

また、クロージング作品は、アニメーション映画『GODZILLA』三部作の最終章『GODZILLA 星を喰う者』。ゴジラ映画史上初の3DCGアニメーション作品である第一章『GODZILLA 怪獣惑星』、〈メカゴジラ〉の新解釈で観客を圧倒した第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』。そして、最終章を迎えた本作『GODZILLA 星を喰う者』では、超科学が生み出した〈メカゴジラシティ〉をも焼き尽くし、地上の覇者となった究極の生命〈ゴジラ・アース〉と高次元怪獣〈ギドラ〉がついに激突。声の出演として、宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜ら人気・実力を兼ね備えた声優陣が顔を揃えている。

第31回東京国際映画祭は、2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)、六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) 、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)にて開催。
2018年9月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加