ニュース&レポート

サム・ワーシントンが新作映画『タイタンの戦い』で来日決定

タイタンの戦い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ギリシャ神話を基に、英雄ペルセウスが人類の存亡をかけた戦いを繰り広げるアクション・アドベンチャー超大作『タイタンの戦い』(4月23日公開)に主演するサム・ワーシントンが、4月6日、本作のプロモーションのため来日することがわかった。
画像:サム・ワーシントンが新作映画『タイタンの戦い』で来日決定


タイタンの戦い』でサム・ワーシントンが演じるのは、全能の神ゼウスと人間の間に生まれた半神半人の英雄ペルセウス。スタントを一切使わず全て体当たりでアクションをこなし、サムの新しい魅力とその肉体美にも注目が集まっている。共演は、ゼウスにリーアム・ニーソン、冥界の魔王ハデスにレイフ・ファインズなど。

本作は2D版に加え3D版も同時公開されることになったため、『アバター』に続いて3D実写映画に連続主演となり、“3D映画の申し子”とも言われるサム・ワーシントンは、『アバター』の主人公ジェイクと本作のペルセウスの共通点についてこう語っている。「半分ロボットで半分人間、半分エイリアンで半分人間、そして、半分神で半分人間。偶然が続いたんだけど、こうしたハーフを演じるのはおもしろかったよ。彼らの“二面性”にひかれるんだ。彼らは自分より大きな力、自分を抑圧する力に立ち向かうという共通点もあるんだよ」

サムの来日は、2009年10月の東京国際映画祭以来、半年ぶり2度目。4月7日(水)に都内で行う記者会見と、8日(木)のジャパンプレミアに出席する。
2010年3月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『タイタンの戦い』
2010年4月23日(金)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/clashofthetitans/