ニュース&レポート

『時をかける少女』ユーミンによるあの名曲をいきものがかりが鮮烈にカバー

時をかける少女

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
SF短編小説として生み出されてから45年間に渡り、幾度となく映像化・映画化されている名作「時をかける少女」が、2010年、新たな少女の物語として誕生。2010年3月に公開される仲 里依紗主演『時をかける少女』の主題歌と挿入歌を、いきものがかりが担当することが決定した。
画像:『時をかける少女』ユーミンによるあの名曲をいきものがかりが鮮烈にカバー


1983年に大林宣彦監督、原田知世主演で映画化された『時をかける少女』では、松任谷由実が作詞・作曲を手がけ、原田知世が歌った主題歌「時をかける少女」が印象的。タイトルを聞いただけで思わず口ずさんでしまう名曲だが、2010年版『時をかける少女』では、“泣き笑いせつなポップ3人組”のいきものがかりが鮮烈にカバーし、アレンジも新たに挿入歌として使用されることになった。

また、主題歌となる「ノスタルジア」は、いきものがかりがインディーズ時代に発表し、“名曲”としてファンの間でリリースを待ち望まれていた楽曲。今回、映画主題歌用として再レコーディングが行われ、切ないメロディと、物語に寄り添うような歌詞が紡ぎ出す世界観が作品を盛り上げていく。

12月23日(水・祝)からは「時をかける少女」の着うた(R)配信が決定。同日発売のいきものがかり4thアルバム「ハジマリノウタ」初回生産限定盤には、「時をかける少女」のロングバージョンの予告編が見られるアクセスコードが封入される。

いきものがかりの吉岡聖恵は、「インディーズから大切にしてきた「ノスタルジア」は、この作品に出会えたことで、やっと時を越えてみなさんに聞いてもらえる、と嬉しかったです。「時をかける少女」は、まさに時代を越えても色褪せない名曲。今回のカバーはとても光栄!これを歌えばいくつになっても、少女に戻れるような気がします。」とコメントしている。

予告編は、「『時をかける少女』作品情報」または「予告編ライブラリ」ページにてご覧下さい。
2009年12月11日
『時をかける少女』
2010年3月13日(土)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネカノン有楽町1丁目ほか全国ロードショー
公式サイト:http://tokikake.jp