ニュース&レポート

中村蒼、学生からホームレスへ…崖っぷちを生きる主人公を熱演!『東京難民』公開決定

東京難民

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
福澤徹三による同名小説をもとに、現代社会の崖っぷちを懸命に生きる若者たちを描いた青春群像劇『東京難民』。佐々部清監督、中村蒼主演、大塚千弘、青柳翔、山本美月、中尾明慶、金子ノブアキ、井上順ら豪華キャストが出演する本作の公開が決定し、出演者のコメントが届いた。
中村蒼、学生からホームレスへ…崖っぷちを生きる主人公を熱演!『東京難民』公開決定

東京の某三流大学に通う時枝修は、ある日、学費の未払いを理由にいきなり大学を除籍。同時に生活費を支払ってくれていた父親との連絡も途絶えてしまう。かくしてネットカフェ難民となり、日払いのバイトで食いつなぐ修。やがては生きる為にホストとして成功を目指すのだが…。

『半落ち』『出口のない海』『夕凪の街 桜の国』など数々の社会派映画を手掛ける佐々部清監督の最新作『東京難民』は、福澤徹三による同名小説をもとに、大都会<東京>に渦巻く暗い現実に直面しながらも、懸命に生きる若者にスポットをあて、バイオレンスや際どいエロスにも果敢に挑戦しながら、現代の抱える病巣を真正面から描いた青春群像劇。脚本は、『ツレがうつになりまして。』をはじめ佐々部監督と4作目のタッグとなる青島武。

佐々部監督は、「二年前、脚本の青島さんから「東京難民」をやりましょうって紹介されたが、半分まで読んだ所で何にも共感できない主人公に、投げ出しそうになりました。読了した時点でR指定の映画に初挑戦しようと思いました。撮影中は、自分も東京難民になろうと新宿の1DKで一人生活、ちょっと大変でした。アベノミクスに踊る日本国だけど、現実の日本はこの映画の世界かも知れない。国内はもちろん、海外の人達に観て欲しいと切に願います」とメッセージ。

大学除籍を機に、ネットカフェ難民からホスト、果てはホームレスに…転落の人生を歩むこととなった主人公・時枝修を演じるのは、今秋公開の『潔く柔く』、TVドラマ「タンクトップファイター」(TBS)など注目作への出演が相次ぐ中村蒼。役柄を振り返り中村は、「精神的に大変でしたが、学生、ネットカフェ難民、ホストなど色んなことが出来たのでやりごたえはありました」とコメント。「いまの日本には、1日を過ごすのも大変な人たちがいます。僕はこの作品をしてその事実を知りました。この映画を観て僕がいつそうなってもおかしくないし、他人事には思えませんでした。だから良いことばかりじゃなくこういう人たちもいるんだということを皆さんに知ってほしい。僕と演じた修は撮影当時同い年だったので、特にその同世代の人たちに観てもらいたいなと思います。そしたらきっと当たり前に思えたものにも感謝してより良い生活が送れるはずです」とメッセージを寄せている。

ホストとなった修に貢ぎ、次第に自らも転落していくヒロイン・北条茜には大塚千弘。佐々部監督について「何だか、こわぁーい」という印象と持っていたという大塚は、「監督とお会いする度に、本当に愛情を持って私達に接してくださるんだなぁと、凄く嬉しかったです。一緒に飲んだり、カラオケしたり♪映画が大好きな愛情深い皆から愛されている、お父さんです(笑)私の人生を変えて下さった大切な監督です」と絶大な信頼を寄せている様子。

先輩ホスト・順矢には、主演映画の相次ぐ劇団EXILEの青柳翔。「スピード感が物凄い早く心地良い波に乗って進んでいくので、撮影に没頭することができました」と佐々部監督の現場を振り返り、「初めてのホスト役で、監督と話し合い、くすんでいた順矢の後半からの心境の変化を見せれるよう作りこみました」と役作りを語った。

修と順矢がつとめるホストクラブ『ララ』の常連客、瑠衣を演じる山本美月は、「今まで演じて来た役とは全く違う人生を歩んで来た役だったので、この役を演じる事が出来て本当に勉強になりました。それに、私とは真逆の存在だからこそ演じていてすごく楽しかったです」

また、共演者たちも「明るくて撮影も楽しく、まさに男香る、男臭い現場」(小次郎役・中尾明慶)。「毎朝現場に入ると感じる、一本芯の通ったピンと張り詰めた空気。作品の品格を裏付けるその空気に、幾度となく背中を押して頂きました」(児玉篤志役・金子ノブアキ)。「昔風の落語に出てくる“長屋”である。温かさと元気さ溢れる笑顔が、何事にも屈しないエネルギーを放っていた。また、撮影に行くことの楽しさや嬉しさを感じさせてくれる現場でもあった。その雰囲気が現場に一体感を持たせ、作品の深みにつながったのではないか。これこそが、佐々部組である」(鈴本役・井上順)と、それぞれ佐々部組の現場を振り返っている。

『東京難民』
出演:中村蒼、大塚千弘、青柳翔、山本美月、中尾明慶、金子ノブアキ、井上順
監督:佐々部清(『半落ち』、『日輪の遺産』、『ツレがうつになりまして。』)
脚本:青島武(『あなたへ』、『日輪の遺産』、『ツレがうつになりまして。』)
原作:福澤徹三(『東京難民』光文社刊)
制作プロダクション:シネムーブ
配給:ファントム・フィルム
オフィシャルHP:tokyo-nanmin.com
(C) 2013『東京難民』製作委員会
2013年、全国ロードショー
2013年4月18日
『東京難民』
2014年2月22日(土)より(有楽町スバル座ほか)全国ロードショー
公式サイト:http://tokyo-nanmin.com