ニュース&レポート

福島出身・期待の新人監督 デビュー作は、大森南朋×臼田あさ美共演『東京プレイボーイクラブ』

東京プレイボーイクラブ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
犬童一心監督、山下敦弘監督らを輩出してきたゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、昨年グランプリを受賞した、弱冠24歳の新人監督、奥田庸介の劇場デビュー作『東京プレイボーイクラブ』 が、大森南朋×臼田あさ美で製作されることが決定した。
福島出身・期待の新人監督 デビュー作は、大森南朋×臼田あさ美共演『東京プレイボーイクラブ』

ゆうばり映画祭の審査員長ジョニー・トーをはじめ審査員に絶賛された奥田監督の、劇場デビュー作となる『東京プレイボーイクラブ』 。メインキャストには、人気、実力ともに日本を代表する俳優・大森南朋、そして映画やドラマなど数多くの作品に出演する実力派・光石研、ヒロインには、急成長中の若手女優・臼田あさ美が迎えられ、東京のアンダーグランドを舞台に、些細なケンカが原因でとんでもないトラブルに巻き込まれていく男女3人の顛末を、圧倒的な映像センスとリズム感、そして暴力とユーモアで描き出していく。

福島出身の奥田監督は、3月11日の東日本大震災で家族は無事だったものの、実家の豆腐工場が被害を受けたという。しかし、「正直今このタイミングで映画を撮るのは大変です」と苦衷を語りながらも、「私の親父はそんな大変な所を微塵もみせないで「お前は映画に集中しろ」とぶっきらぼうに言い放ちました。漢奥田庸介覚悟決める時だと思いました。貧乏な日暮らしの私には募金とかできないけど、故郷に錦を飾り、親の為、何より愛するふるさと福島のためにも皆さんの元気を取り戻せる様な大傑作を叩きつけなければならない、それが宿命だと確信しています」と、力強いコメントを寄せた。

本作で初のバイオレンスアクションに挑戦する臼田あさ美は、「久しぶりの映画なので、溜まっていた映画熱に火がついたような気持ちになりました。とにかく嬉しかったです。監督の期待に応えられるように頑張ります。撮影に入れば、嫌でもあの緊張感や不安感がやってくるでしょう。でも楽しみたい。大森さんと光石さんも一緒なら大丈夫、という気持ちです。お二人は、私にとっては映画の中の人なので、現場で会えるということをとても楽しみにしています」と、撮影を心待ちにしている様子だ。

『東京プレイボーイクラブ』 は、4月にクランクイン、2011年冬の公開を予定している。
2011年4月14日
『東京プレイボーイクラブ』
2012年2月4日(土)、渋谷・ユーロスペース、シネマ-ト新宿他にて全国公開!
公式サイト:http://tokyoplayboyclub.jp