ニュース&レポート

園監督、『TOKYO TRIBE』上映劇場へ熱い直筆メッセージ!映画は園史上最高のヒットスタート

TOKYO TRIBE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
園子温の最新作『TOKYO TRIBE』が、初日2日間の成績として、『ヒミズ』(2012年)、『地獄でなぜ悪い』(2013年)を押さえ、園作品史上最高記録を更新。園監督が、各劇場へ直筆手紙で熱い想いを伝えていたことも明かされた。
園監督、『TOKYO TRIBE』上映劇場へ熱い直筆メッセージ!映画は園史上最高のヒットスタート

8月30日(土)より公開されている園子温の最新作『TOKYO TRIBE』。園作品としては最大規模となる120館でスタートし、渋谷のシネクイントでは2日間、全回満席で立ち観がでるほどの入り。新宿バルト9では舞台挨拶回以外、深夜のレイトショーの興行まで、ほぼ満席の状態が続く、好成績でのスタートをきった。

都市型だったこれまでの作品と比べ、首都圏:ローカル対比5:5と、地方の劇場も健闘。夏休み興行の300館〜700館の大規模公開作品が居並ぶ中、週末の全国興収ランキングは惜しくも12位となったが、公開規模300館〜700館超えの夏休みの超大作に堂々と肩を並べる形となった。

『TOKYO TRIBE』は、セリフがほぼ全編ラップのミュージカルで、映画という枠を超えた、全く新しいエンターテイメント作品として世に放たれた挑戦的な意欲作。その作品の上映にあたって園監督らしいこだわりが明らかにされた。

園子温監督は、『TOKYO TRIBE』を上映してくれる各劇場へ直筆手紙を同封。その手紙では、「音量についてお願いがあります!」とはじまり、「この映画は“音が命”、爆音上映でお願いします!」と、味のある“土下座イラスト”とともに熱い想いを伝えている。

すでに“TRIBE中毒”ともいえるリピーターが続出している本作。できるだけ大きなスクリーン&爆音で、この刺激を体感していただきたい。
2014年9月2日
『TOKYO TRIBE』
2014年8月30日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー!
公式サイト:http://tokyotribe-movie.com/