ニュース&レポート

携帯電話はオフメーン!練マザファッカー D.Oが劇場マナーを伝授!

TOKYO TRIBE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
8月30日(土)公開の園子温監督作『TOKYO TRIBE』。本作の出演者でもある、ラッパーのD.O(練マザファッカー)がナレーションを担当した、ユニークな劇場マナー予告映像が解禁された。
携帯電話はオフメーン!練マザファッカー D.Oが劇場マナーを伝授!

エリアごとに様々なトライブ(族)が存在し、そこに住む若者たちが街を暴力で支配しながらお互いの縄張りを守る、近未来の”トーキョー”を舞台に描く『TOKYO TRIBE』。

今回の劇場マナーCMでナレーションを担当するのは、練馬を牛耳るトライブの一員として映画に出演しているラッパーのD.O(練マザファッカー)。映像では、冒頭、「What’s up メーン!Dogsに劇場マナーを教えてやるって話!」というD.Oの独特な口調からスタートする。

ブクロWU-RONZのヘッド・メラがケータイの着信を受けるシーンで「携帯電話はオフメーン!」とすかさず指摘。練マザファッカーのD.Oがムサシノ SARUの海(カイ)にケンカをふっかける場面では「喧嘩は売るんじゃねぇぜメーン!」とセルフでツッコミ。大きな兜を身にまとうシンヂュクHANDSのヘッド・巌には「デカイ帽子は取りやがれメーン!」と注意を促すなど、絶妙なテンポで劇場でのバッドマナーに対して次々とツッコミを入れていく。

収録の際、用意された原稿をベースにD.O自身がアレンジを加えたナレーションは要チェックだ。この“マナー予告”は、7月26日(土)より全国のT・ジョイ系、ユナイテッド・シネマ系の劇場にて上映される(※一部作品は除く)。

2014年7月25日
『TOKYO TRIBE』
2014年8月30日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー!
公式サイト:http://tokyotribe-movie.com/